Loading

BLOG

diy,電子ロックキーから通常のシリンダーに戻す工事をしました。

今回は、古くなり、劣化してしまった電子ロックキーを入居者の方の希望もあり、取り付けてある部屋の鍵を通常のシリンダーに戻す工事をしました。こちらの痛んだ電子ロックキーは後ほどきれいにリメイクしていきたいと思うのですがそちらの紹介はまた別の記事で載せたいと思います。まず電子ロックキーを確認したのですが経年劣化により表面の液晶部分がひび割れで見えない状態になっています。まずはこちらを撤去していきたいと思います。こちらの電子ロックキーを撤去した後は、玄関ドアに防水用のゴムの部分が跡になり目立ってしまうのでこちらをきれいに掃除していきます。

 
そして電子ロックキーがついていた跡の部分は電子ロックキーを取り付けるために開けた穴があり、このまま新しくシリンダーを取り付けると、穴が露出してしまいますので、シリンダーを取り付ける穴の部分と穴を塞ぐ部分との長さを測り、そちらを塞ぐためのプレートを作り、設置していきます。この新しく設置するプレートはセキュリティー上のことも考え、強度のあるものを選ぶのと、経年劣化により痛んでしまわないようにサビに強い素材を使用して作っていきます。今回はプレートに厚さ0.5ミリのステンレス製の板を用意し加工して作りました。そしてプレートの不足を防ぐために表面にカッティングシートでコーティングをしていきます。玄関ドアのチェーンロックも取り付けに邪魔なので一旦取り外しておきます。


まずはこちらのプレートを電子ロックキーを取り除いた後のドアに取り付けていきます。こちらのプレートは簡単に剥がれないように防水用の強力接着剤を使用して、その後に四角にビスを打ち込み設置します。この時にプレートが斜めになると手直しが大変難しくなるので慎重に取り付けていきます。


プレートの設置が終わったら新しく用意したシリンダーと内側のサムターンを取り付けます。新しく用意するシリンダーとサムターンですがドアの側面のドアノブのラッチの部分に大体型番が載っていますのでそちらを参考にして新しく用意します。


シリンダーとサムターンを取り付けた後は鍵をさして、デッドボルトの動きを確認し動きが悪ければ潤滑油やグリースなどをデッドボルトにつけて動きをよくします。この時に鍵穴に潤滑油等がかかってしまうと後に鍵のシリンダーの内部が錆びてしまうこともあるので鍵穴には吹きかけないように気をつけます。


そしてドアのドアチェーンを再び設置し直して作業完了です。

diy,トイレのドアに他のドアと同じ柄のシートを貼りました。

diy,便座を交換し、シャワートイレに交換しました。

関連記事

  1. diy,玄関備えつけの下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.09.28
  2. diy,玄関ドアの枠の劣化をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2019.05.10
  3. diy,電子錠は消耗品。常に最新のものに交換することをお勧めします。

    2017.04.29
  4. diy,シリンダー回りにプレートのあるドアへの電子錠の取り付けをして隙間をコーキ…

    2019.08.27
  5. diy,古民家の古い戸に電子ロックキーを取り付けました。

    2017.06.29
  6. diy,電子ロックキーの取り付け、取り付けができないところでも工夫の仕方で対応す…

    2017.06.09
PAGE TOP