Loading

BLOG

diy,ドアノブなど建具の部品を塗装してきれいにしました。

今回は空室のリフォームで室内のドアノブ、蝶番、その他建具に関わる部品の塗装をしました。やはり普段使うことが多いところですので傷や汚れ等が相当目立ってきていてせっかくリフォームをしてもこういったところが目についてしまうと他のところがきれいになったとしてもこういったところで印象がマイナスになってしまう事はもったいないのでシルバーに塗装をしてきれいにしていこうと思います。

IMG_8315 IMG_8318 IMG_8317 IMG_8316
まずは塗装していく部品などを全て建具から取り外して行きます。その際に部品によっては薄い金属でできているところもあるので取り外すことによって傷や変形があるといけないので慎重に取り外していきます。また取り外す時に出たビス等も再び取り付けた時にこちらが塗装されていないと目立ってしまうのでビスも頭の部分をシルバーに塗装していきます。
部品を全て取り外し終わったらまずは塗装する部品のゴミや汚れ等を全てきれいに拭き取って行きます。この時に気をつけることは、拭き取る時に汚れが落としやすいからといってアルコールを使って汚れを拭き取ってしまうと乾いた後でもその後塗装するときに塗料が定着せず塗装面が剥がれやすくなってしまったり、汚くなってしまうので汚れを拭き取る際はアルコールの入っていないウェットティッシュや水を含ませた雑巾などで拭き取ると良いでしょう、また蝶番の可動部分などもともと意図的に油がうってあるところは掃除するときに油を拭き取ってしまわないように気をつけます。

image2 image3
すべての部品をきれいに掃除し終わったら塗装しやすいように板などに固定していきます。この時に塗装する面が隠れてしまわないように気をつけながら板に固定していきます。また固定する際は塗装の途中で落ちてしまったり、部品が動いて塗装面同士がひっついてしまわないようにしっかりと固定をします。

image4
塗装の下準備が終わったらなるべく風のない日を選んで周りに迷惑がかからないようなところで塗装をしていきます。まずは塗料をしっかりと定着させるためにプライマーと言う下塗り剤を塗装していきます。こちらのプライマーはいわば塗装する部品と塗料とをしっかりと接着させる接着剤のような役割をします。次にブラックの塗料で薄く下塗りをしていきます。こちらを塗装する理由としては後にシルバーを塗装するときにそのまま塗装するよりもシルバーの塗料塗った時に色に深みがかかるようになります。ブラックの塗料を塗装し終えてよく乾かしたら最後にシルバーを塗装します。こちらが最後の塗装になるので村がないようによく確認しながら塗装していきます。

image5image6 image8 image7image9 image10image1 (1)
すべての塗料を塗装してよく乾かしたら再び建具に取り付けていくのですがこの時に塗料の乾燥が不十分だと指紋等がついてしまうので10分に塗料を乾かしておく必要があります。
すべての部品をつけ終えたら建具の建て付けを確認して少しおかしいところがあれば建具の建て付けを調整して作業完了です。

IMG_8332 IMG_8338 IMG_8336 IMG_8335 IMG_8334 IMG_8333
今回コダキさんが使った物はこちらです。

金属用プライマーはこちら

黒スプレーはこちら

メッキスプレーはこちら

 

diy,室内のスイッチを新しいものに交換しました。スイッチの用途別の選び方。

室内ドアの修繕方法 (傷の修復)

関連記事

  1. diy,室内ドアを綺麗にして空室対策しました(枠と同じ色に塗装しました。)

    2017.04.30
  2. diy,和室から洋室へのリフォームで室内木部の塗装をしました。

    2018.05.11
  3. diy (失敗から成功)先日塗装した部分を直しました。

    2016.12.12
  4. diy 天井を塗装しました。

    2016.12.28
  5. diy,玄関ドアの塗装の剥げた部分を補修しました。

    2018.08.17
  6. diy 空室対策効果抜群 玄関ドアの廻り縁を塗装

    2016.12.09
PAGE TOP