Loading

BLOG

diy,お部屋の家具などの表面のプリント面の剥がれやかすれも簡単に直すことができます。

本日は、空室の整備で、クローゼットの戸の表面の補修をしました。こちらのクローゼットの戸は表面の木目柄のプリントに何かテープのようなものが貼ってあったらしくそれを剥がす時に一緒に表面のプリントも剥がれてしまったと思われ、表面の1部の木目柄がなくなっている状態です。こちらの補修は新しく表面の木目柄のプリントを貼り直す必要があります。


まずはもともと貼ってある木目柄のプリントと近い色をした木目柄のシートを用意します。こちらのシートを用意する際によくあることなのですが、実際の木目の色の濃さと用意したシートの色の濃さがかなり違ってくることがあるので用意する前に何かサンプル的なものを持ってシートを購入した方が間違いがないです。今回プリントが剥がれているところは1カ所だけだったのですが扉が2枚ありこちらの片方だけを新しくシートを貼り直すと2枚の扉の色が微妙に違いバランスが悪くなってしまうのでこの際扉を2枚とも新しくシートを貼り直すことにしました。


次にシートをクローゼットの戸に貼っていくのですが失敗しないようにするためと、作業をやりやすくするために建具から戸を取り外して作業をします。そしてシートを貼る前に戸の表面をきれいに掃除しておきます。


下準備が終わったらシートを貼っていきます。この際にシートに気泡が入らないように気をつけながら貼り付けるとこだけシールを剥がしながらヘラを使ってシートを定着させていきます。特に表面の凹凸している部分は気泡が入りやすくなるので注意しながらシートを定着させていきます。


シートを全て貼り終えたら余分な部分をカットしていきます。この時に今後クローゼットを使うことを考え、どういったところが使用していくうちにシートが剥がれてくるのかを考え、そういったところは剥がれてこないように少し余裕を持ってカットしていきます。クローゼット等の部屋の設備を使用していく上でこういったプリントが剥がれやすい所としては、まず1番剥がれやすい所として、戸の下の角の部分が剥がれていることが多いのでこういったところはまずシートをしっかり定着させる事と普通に使用していく上で物語ってシートが剥がれてしまうようなことが考えにくいところまでシートを延長させて長めに貼っておけばシートが剥がれにくいです


シート張り終え、点検を終えたら戸を下のクローゼットの位置に戻し、開閉のチェックをして扉の立て付けを調整させた後に作業完了です


今回コダキさんが使った物はこちらです。

粘着シートはこちら

diy,フロアタイルだと床の傷などによる張り替えも部分補修でできます。

diy,壁に空いてしまった穴をdiyで補修します。

関連記事

  1. diy,古いキッチンの収納の扉をきれいに加工していきます。

    2017.06.09
  2. diy,室内のドアをカッティングシートで明るい印象にリフォームします。

    2018.08.10
  3. diy,室内のドアの色をシートを貼り変更、室内の印象を明るいものにします。

    2017.12.08
  4. diy キッチン収納の棚にシートを張ります。

    2016.11.21
  5. diy,玄関ドアの枠の劣化をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2019.05.10
  6. diy,玄関備えつけの下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.09.28
PAGE TOP