Loading

BLOG

diy,経年劣化で傷んだ浴室の壁もリアテックシートできれいにリメイクできます。

今回は、浴室の壁が経年劣化で痛んできて補修が必要なレベルになってきているので、リアテックシートと言う防カビ、防湿、防汚れに対応したシートを貼っていきます。
こちらのシートは粘着力も強くしっかりと定着するので、水回り等のリメイクに適したシートになっています。


まずシートを貼る前に下準備をしていきます。シートを貼る際に邪魔な照明や鏡などの壁に付いている付属品を取り外していきます。こちらはシートを貼った後に再び取り付けるのでネジ等の部品はなくさないように気をつけて保管しておきます。


壁に付いている付属品を取り外したらシートがしっかり定着するように壁をきれいに掃除しておきます壁に石鹸カスなどが付いているとシートが定着しないので目に見えない汚れもしっかりと洗っておきます。
下準備が終わったら壁の縦横の長さを測りシートを測った長さのプラス5から10センチ大きいサイズで切り出しておきます。なるべく貼るシートはこのようにカットしておいた方が作業するときに失敗が少ないです。


そして次にシートを貼る作業に入っていきます。シートを上から10センチ程度粘着面の上をめくり全体をまっすぐになるように調節しながら上の方を貼り付けてスタート位置を決めます。スタート位置が決まったら下紙をはがしながら空気が入らないように壁に定着させていきます。シートを貼る面に窓枠などの出っ張った部分があるときは少し余裕を持ってシートを切り出して出っ張った部分をかわしながら下に貼っていきます。後から余分にはみ出た部分をカットするのでその時に窓枠などの出っ張った部分の切り出し口を調節したほうがぴったりと貼れます。1面貼り終わったらその都度はみ出た余分な部分を定規などを使って切り取っていきます。このような要領で他の面も貼っていきます


全面が張り終りました。今回は1面はワンポイントで色の違うシートを使用しています。


シートを貼り終わったらシート同士の切り口の端にマスキングテープをして、今後使用していくうちにはがれてこないようにコーキングをしておきます。


コーキングが終わったら作業前に取り外した浴室の付属品を再び取り付け作業前と同じように使えることを確認して作業完了です。


今回コダキさんが使った物はこちらです。

こちらのリンク先は楽天市場の 窓際貴族さんを案内しています。

サンゲツ リアテック 防水 防カビ 防キズ カッティングシート サンゲツリアテック2019-2021

リアテックシートはこちら

diy,無線式のテレビモニターフォンを設置します。

diy,キッチンの手元灯が古くなっているのでLEDの照明に交換しました。

関連記事

  1. diy,室内のドアをカッティングシートで明るい色にリフォームしました。

    2019.08.23
  2. 室内ドアの修繕方法 (傷の修復)

    2017.07.07
  3. diy,玄関備えつけの下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.09.28
  4. DIYでキッチンパネルを綺麗に見せる方法

    2016.08.11
  5. diy,古くなり傷んできた下駄箱をカッティングシートできれいにします。

    2018.06.14
  6. diy,玄関ドアにシートを貼り、リメイクしました。

    2020.06.05
PAGE TOP