Loading

BLOG

diy,下駄箱の天板が傷んでいたのでシート貼り直しの修繕

今回は、空室の整備で玄関に設置してある下駄箱の表面の木目柄のシートが経年劣化により1部痛みが進んでおり、剥がれて修復が必要な場所があるのでこちらを新たにシート貼り修復していこうと思います。やはり、玄関など人の出入りが激しい場所に設置してあるものは物がぶつかったり、上に物を置いたりすることが多いと思うので、表面のところに傷や痛みがつくのが早く、こういったところはこまめに修復していく必要があります。
まずは新たに貼り直すためのシートを用意します。この時用意するシートは、なるべくもとの木目柄に近い色合いのものを選ぶ必要があるのですが、こういった木目柄のシートは数年たつと全く同じ色合いの木目のシートが廃盤になっていたりして手に入りづらいのでなるべく修復したと言うところがわからないように近い色のシートを用意します。また下の木目柄のシートよりも少し濃いめのシートを用意した方が直した時に修復後が目立たないようになります。元の色より明るいものを選ぶとそこの場所が目立ってしまい、修復した場所がきわだってしまうので、そういったことを避けるためにも濃いめの色を選びます。修繕する目的は修復したところを目立たなくすることが目的なので、どうすれば修復した場所が目立たないかを考えながら作業することも大切です。


シートを用意したら、まず下駄箱の痛んでいる箇所の剥がれているシートを全て剥がします。この時、むやみに離れているところを剥がしていくと、必要ないところまでシートが剥がれてしまい修復するべき箇所が広がってしまうのでシートを剥がす前にどこまでを修復するかを決めて見切りをつけてそこまでのところでカッターで切れ目を入れて剥がしていきます。必要ないところまでシートが剥がれてしまうと修復する手間も増えてしまう上に見た目的にも悪くなってしまうのでなるべく修復した後のものがどういった形になるかを想像しながら修復を進めていきます。
次に、修復用のシートを貼っていきます。シート貼る大きさの少し大きめにカットしてそれが貼っていくうちに歪んですん足らずになってしまうないように注意しながらシートの1部を10センチ程度めくり、まずはめくった場所を定着させます。シートの粘着面を全て剥がして発で行かない理由としては全て剥がしてしまって張り始めてしまうとシートの中に空気が入り込んでしまい出来栄えが悪くなってしまうのでそれを防ぐために作業する以外の場所はまだ粘着面を出さずに貼っていきます。そこから徐々にシートの粘着面をめぐって行順番にシートを定着させていきます。シートを貼り始める場所としてはなるべく全体を見てシートの平面が大きくなる場所を選んで張り始めていきます。平面が大きい場所を選ぶことによって全体が歪んですん足らずになってしまったり、木目が斜めになってしまうことを防ぐことができます。
平面の場所を全て張り終えたら次にアールになっている場所を貼っていきます。


すべての場所を貼り終えたら余分な部分をカットしていきます。この時に貼っているものが生でできているためカッターで乱雑に余分な部分をカットしてしまうと下駄箱自体をカッターで傷つけてしまうことがあるのでなるべく定規などを使って余分な部分を切り離していきます。


シートを全て張り終えたら必ず下駄箱の扉等稼働する場所を動かしてみてシートを貼ってしまったことで動きの邪魔になるようなところがないかを確認します。こういったところは作業していると案外見落としがちなので細かく動きをチェックして確認します。
確認が終わったら、下駄箱を元の場所に戻して作業完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

diy,ベランダの窓枠が劣化!カッティングシートをつかってみました

diy,室内の照明をLEDの物に交換しました。

関連記事

  1. diy 玄関鏡取り付け

    2016.10.26
  2. diy,古くなった下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームします。

    2019.06.12
  3. diy,ベランダの窓枠が劣化!カッティングシートをつかってみました

    2017.11.29
  4. 室内ドアの修繕方法 (傷の修復)

    2017.07.07
  5. 玄関用の照明をLED電球に交換しました。DIY

    2017.03.27
  6. diy,古い印象のトイレドアをカッティングシートで明るくリフォームします。

    2019.04.19
PAGE TOP