Loading

BLOG

diy,ボロボロになった出窓の棚板をきれいに修繕しました。

今回は空室の修繕作業で、洋室の出窓の棚板の所が表面の塗装が所々はげていてかなり劣化してきていたのでこの出窓の棚板の修繕作業を行います。
修繕作業の内容としては上からカッティングシートを貼り、表面をきれいに見せようと言うものですが、そのまま上から貼ってしまっていては棚板が劣化した後を拾ってしまうのでまずは棚板の表面の下処理から始めていきます。

IMG_7910 IMG_7911
まずは棚板の表面の塗装のハゲていうところを多めにめくり塗装部分と下地の板の部分との境目がなくなるようにサンドペーパーをかけていきます。この時効率よく作業進めるために、まず荒めのサンドペーパーを用いて出そう多めに削っていきます。そしてサンドペーパーの板数を細かいものにし再度表面をきれいに仕上げていきます。そして元々の塗装面とサンドペーパーをかけた所にカッティングシートの切れ端を貼ってみて、塗装面と削った所との境目がシートを貼った後に跡が出ないかを確かめて次の作業に取り掛かります。

IMG_7913IMG_7917IMG_7912IMG_7915IMG_7914IMG_7916
そして次にそのままカッティングシートを貼っても定着が弱く使用しているうちにはげてきやすいのでカッティングシートを貼る面にプライヤーと呼ばれる下塗りの塗料を塗っていきます。こちらは、いわば出窓の棚板とカッティングシートとの接着剤のような役割を果たします。
下処理が終わったら上に貼るカッティングシートを貼る予定の大きさより少し大きめにカットし貼っていきます。このカッティングシートは白い木目柄のもので、貼る出窓は二重窓になっていて窓と窓との間にもカッティングシートを貼る所があるので木目柄の方向を間違えないように気をつけてシートの準備をします。
準備ができたらシートを貼っていくのですが出窓がL字型になっているのでシートの貼り始めがズレやすいので気をつけながら作業をします。

IMG_7918 IMG_7920
表面のシートを貼り終えたら次に側面を貼っていくのですが棚板のL字型になっている所はヒートガンでシートを伸ばしながら貼っていきます。この時ヒートガンであまりシートを炙り過ぎるとシートが熱で破れてしまい、台なしになってしまうので気をつけながら作業をしていきます。

IMG_7919IMG_7923
シートを貼り終えたら、余分な部分をカットし、シートの端がめくれてこないようにシートと建具の境とをコーキングで抑えていきます。コーキングが終わったらマスキングをはがし定着が弱いところはないかを確認し作業完了です。

IMG_7925 IMG_7927IMG_8045 IMG_8046IMG_8049IMG_8051 IMG_8055 IMG_8054 IMG_8053 IMG_8052
今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

コーキングはこちら

ヒートガンはこちら

 

diy,一般的な室内スペースに取り付けれるファン付きの照明を取り付けました。

diy,夏を前にして網戸の張り替えをしました。

関連記事

  1. diy,トイレのドアに他のドアと同じ柄のシートを貼りました。

    2017.07.28
  2. diy,対面式キッチンの棚板をカッティングシートでリフォームしました。

    2018.04.27
  3. diy,パネルの変色で古い印象のキッチンをカッティングシートできれいにします。

    2019.05.16
  4. DIYでキッチンパネルを綺麗に見せる方法

    2016.08.11
  5. 店舗出入口シート貼り

    2016.10.08
  6. diy,室内のドアをカッティングシートで明るい色にリフォームしました。

    2019.08.23
PAGE TOP