Loading

BLOG

部屋の扉(ドア)リノベーション 新しいドアを買わない選択

今回は空室のリフォームで洋室のドアと和室の引き戸の表面をそれぞれ同一の柄の木目調のシートを貼ってリフォームしていきます。こちらの戸はこれまで濃いめの茶色で塗装されていたのですが、廊下の部分など日の光の当たらないところは暗い印象になってしまうので今回は明るめの木目柄のシートを貼ってリフォームしていきます。

IMG_8283

まずはシートを貼る二つの戸を取り外し、ドアノブや取っ手などの部品を取り外します。そしてシートを貼る面に汚れが無いようきれいに拭いておきます。シートを貼る面が汚れていたりゴミがついていてそこにそのままシートを貼ってしまうとシートの表面にゴミの跡がうきでてしまったり、汚れによってシートがはがれやすくなってしまい、せっかく張ったシートがあまり長持ちしなくなってしまうので個々の作業は多少手間がかかっても丁寧にやっておく必要があります。

IMG_8285

次にシートを貼る面より多少大きめにカットし、貼る準備をします。

IMG_8284IMG_8291

シートを貼る準備ができたらシートを貼っていくのですがこの時に専用のゴムべらを使ってシートを上の方から少しづつ粘着面を剥がしながら貼っていきます。粘着面をいきなり出しすぎると貼る面の中に気泡が入ってしまったり、シワができてしまったりするのでそういったことを気を付けながら貼っていきます。また、シートの粘着面は、しっかりと定着させないと一見問題がないように見えても使っていくうちに剥げてきたり、いつの間にか気泡が入り込んでしまうことがあるのでへらでしっかりと定着させていきます。

IMG_8286

そして戸のガラス部分は廻り縁が多少出っ張っているので切り取る部分を想定しながら切込みを入れつつ貼っていきます。この時に注意することは出っぱている部分を後回しにしてシートを貼っていくと貼る部分が徐々にずれていってきてしまい、後半になるにつれてどうしてもシワができてしまうのでそういったことを防ぐためにもシートがまっすぐ貼れるように出っぱている部分を切込みなどを入れつつ貼っていきます。特に最初の方のずれは後半に響いてきます。

IMG_8292IMG_8289

そしてシートを貼り終えたら余分な部分をカットしていくのですがこの時に余計なところまでついつい切ってしまうこともあり、それまでの作業を台無しにしてしまうこともあるのでなるべくフリーハンドではなく、道具を使って切り取っていきます。

IMG_8287 IMG_8288

IMG_8293

シートを貼り終えたら戸を元に戻して作業完了です。

IMG_8294 IMG_8296 IMG_8295

今回jコダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

diy,古民家の古い戸に電子ロックキーを取り付けました。

diy,室内のスイッチを新しいものに交換しました。スイッチの用途別の選び方。

関連記事

  1. diy,玄関備えつけの下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.09.28
  2. diy,室内のドア、収納を黒いシートでリフォームしました。

    2017.01.31
  3. diy,古くなり傷んできた下駄箱をカッティングシートできれいにします。

    2018.06.14
  4. diy,窓枠の劣化した木目のシートをカッティングシートでなおしました。

    2018.04.12
  5. diy,パネルの変色で古い印象のキッチンをカッティングシートできれいにします。

    2019.05.16
  6. diy,室内のドアにシートを貼り明るい印象のドアにリフォームしました。

    2017.10.06
PAGE TOP