Loading

小瀧ブログ

diy,窓枠の劣化した所をカッティングシートで修繕しました。

今回は、窓枠が経年劣化で古くなったところを木目柄のカッティングシートでリフォームしました。

カッティングシートは、防水機能のあるものもあり、築年数の古い戸建てやアパートを修繕する際には、とても役にたちます。

カッティングシートは、新品に交換したみたいに仕上がりが綺麗になります

image1 image2
まずは、古くなった所の木目の色や修正すべき箇所を確認します。

修理する窓枠の木目の色は経年劣化で少し色が薄くなっているので、確認した色より少し濃いめの色の木目のカッティングシートを用意します。

準備ができたらカッティングシートを貼る大きさより少し大きめにカットしておきます。

もともとの窓枠に木目のフィルムが貼ってある場合は、その古いフィルムを剥がします。

今回は、もともとフィルムが貼ってあるタイプだったので、古いフィルムを剥がしました。

この時、年数が経った古いフィルムだと硬くなり少し剥がしにくいですが、仕上げをきれいにするため丁寧に剥がしていきます。

このようなフィルム貼りのセットがあると便利です。

image5image3image6
古いフィルムをはがし終えたら、先ほどカットしておいたカッティングシートを貼っていきます。

このとき、貼り始めがずれていると後半に行くにつれてだんどんとズレが大きくなっていき、やり直しになってしまうので、貼る場所に仮で置いてみてズレが無い事を確認して貼り始めていきます。

シートを貼るときは、ヘラなどを使ってしっかりとシートを密着させます。

しっかりと密着させないと温度変化によりシートが縮まってしまいシワになってしまいますので、それを防ぐためにしっかりと貼り付けます。

《リメイクシート》や《カッティングシート》と検索するといろいろな種類が出てきます。

image7
シートを貼り終えたら余っている余分な部分を切り取り作業完了です。

出入りが多い部分ではお部屋の柱なども劣化しやすいのでこまめにメンテナンスをすることをお勧めします。

カッティングシートは、机や椅子など家具のリメイクにも便利です。

余ったカッティングシートは残しておくと、小さな補修などに使えるのでいいですよ。

image8
今回コダキさんが使ったものはこちらです。

こちらのリンク先は楽天市場の壁紙のトキワ リウォール さんを案内しています。

木目調カッティングシートはこちら

玄関ドア枠のサビ落しと錆止め塗装をしました

diy,室内の建具部品、取っ手などをブラックアイアン風に塗装しました。

関連記事

  1. DIY,ドアノブを塗装、修正することでリフォーム金額を安くおさえられます。

    2018.08.10
  2. diy,居室の古く痛んだ棚板を木目柄のDIYシートで綺麗にリメイクします。

    2021.12.03
  3. DIY,白くペンキで塗装する時の塗り方にもコツがあるのでご紹介!室内塗装初心者お…

    2016.11.24
  4. diy,お風呂の排水溝カバーの傷を消し、新品のようにきれいにします。

    2021.11.15
  5. diy,室内の壁に設置してあるハンガーラックを木目柄のカッティングシートでリメイ…

    2021.11.11
  6. diy,サビや色あせで古くなった玄関ドアを屋外カッティングシートでリメイクします…

    2021.11.05
PAGE TOP