Loading

BLOG

diy,室内のドアをカッティングシートで明るい色にリフォームしました。

今回は、空室のリフォームで室内の印象を明るいものにするべく、室内の引き戸に白いシート貼りリフォームしていきます。

こちらは従来、濃ゆい茶色の木目調のドアだったのですが部屋全体を白く明るい印象にするために、こちらのドアの上から白い木目調のシートを貼ってリフォームしています。やはり部屋の中でもドアは目立つところにあるのでこちらをリフォームするだけで部屋全体の印象ががらりと変わってきます。

取り外すときはドアの立て付け等で調整をした可能性もあるのでそういった形跡を確認し、同じ場所に取り付けるように心がけます。
そして、シートを貼る前に下準備をします。まずはシートを実際に貼るより少し大きめにカットしておきます。

そして取り外したドアの表面は汚れやゴミがついているとシートがうまく定着せず貼った後に剥がれてきてしまう可能性もあるのでシートの粘着面をしっかり定着させるためにもドアの表面をきれいに掃除しておきます。ただしドアの表面を掃除する際はアルコールが含まれているものを使って汚れを拭き取ると乾いた後でも粘着面が定着しない場合があるのでアルコールが含まれているシートなどで掃除する事は避けます。そして、ドアに貼りつけるシートを作業しやすいようにあらかじめドアのサイズより少し大きめにカットしておきます。

下準備が終わったらシートをドアに貼っていきます。まずシートを貼り始めるスタートの地点を決めて貼り始めていくのですが、この時シートには柄があるので斜めになったりしないようになるべく垂直に降りるようにスタートの時点で気をつけてはり始めていきます。

そしてドアの表面にはドアの装飾やのぞき窓などの凹凸部分があるのでそういったところは張りながら余分な部分を後で切り取るように出そう余裕を持って切れ目を入れながら貼っていきます。あらかじめ凹凸のある部分に穴を開けていたりすると、どうしても会っていくうちに位置がずれてきたりするのではりながら位置を決めて切れ目を入れていきます。この時気をつける事は、切れ目を入れた後にシートを貼る部分を斜めに引っ張りながら貼ってしまうと後半部分にシワが寄ってしまいフォローできなくなってしまうのでなるべく、シート自体を無理にひっぱらずに貼っていくことが大事です。

ドアの表面にシートを貼ったら、次に余分な部分をカットしていきます。この時にフリーハンドで余分な部分をカットしてしまうとどうしてもカットする部分が不安定になり必要な部分まで切り取ってしまうことがあるので、必要な部分を守るためにも必ず定規などを使って余分な部分をカットしていきます。この作業を付け加えるだけでも仕上がりがかなり違って見えてきます。

ドアを元の位置に戻したら作業完了です。全体的に白を基調とした室内に仕上げるために前回こういう作業をしてきましたがやはり部屋の印象をがらりと変えるためにはこういった大胆なリフォームも必要になってきます。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

diy,インターフォンをテレビモニターフォンに交換しました。

diy,シリンダー回りにプレートのあるドアへの電子錠の取り付けをして隙間をコーキングしました。

関連記事

  1. diy,窓枠の劣化した木目のシートをカッティングシートでなおしました。

    2018.04.12
  2. diy,玄関備えつけの下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.09.28
  3. 店舗出入口シート貼り

    2016.10.08
  4. diy,トイレのドアにホワイトの木目のシートを貼り、室内に統一感を持たせます。

    2020.07.09
  5. 部屋の扉(ドア)リノベーション 新しいドアを買わない選択

    2017.06.29
  6. diy,傷だらけになった対面式キッチンの棚板をシートを貼り補修しました。

    2017.09.29
PAGE TOP