Loading

BLOG

diy,シリンダー回りにプレートのあるドアへの電子錠の取り付けをして隙間をコーキングしました。

今回は空室のリフォームで電子ロックキーのとりつけを行うのですが少し変わったとりつけを行いました。
今回取り付ける場所がどう変わっているのかというと、取り付け場所のシリンダーのまわりにプレートが付いており、電子ロックキーを取り付ける際にここの上から取り付ける必要があり、プレートの上から取り付けると電子ロックキーの本体機器自体がドアの表面から離れてしまい少し機器が浮いた状態になります。それでは、この玄関ドアのシリンダー周りのプレートを取り外して電子ロックキーを取り付ける方法もあるのですが、こちらのプレートがドアノブと一体型になっておりプレートを外すして電子ロックキーを取り付けた後にドアノブを元に戻すと、ドアノブを使用する際にどうしてもドアノブ自体がぐらついてしまい使用できる状態ではないのでこちらのプレートは取り外すことなく電子ロックキーを取り付ける必要があります。なので、今回はこのプレートの上から電子ロックキーを取り付けそれによって生じた隙間をコーキングで埋めて使用中に雨などで機器の内部に水が入って護送することを防ぎたいと思います。こちらに隙間にあった板をあらかじめ用意して取り付ける方法もあるのですがそれでは多層防水性に不安があるため今回はコーキングで防水をしたいと思います。

そしてなにより元々シリンダーがプレートに埋まっている状態で取り付けてあったので電子ロックキーを取り付けた際、既存のシリンダーを使うとシリンダーの軸棒が届かず、シリンダーを使って鍵を開けることが出来なくなってしまいます。なのでシリンダーのサイズを変えて新しいものを用意しました。こちらのシリンダーは軸棒が長くなっています。電子ロックキーの取り付けをする際は必ずそういった商品があるかを確認してそれから電子ロックキーの取り付け判断をする必要があります。こういった特殊な場所に電子ロックキーを取り付ける際は必ず取り付けた後に電子ロックキーを使用する際に何か不便なことがないか使用している途中に不具合が生じないかを取り付けた後に使用することをシュミレーションしてから取り付けを行うことが大事です。

部品の下準備ができたら取り付け作業にかかっていきます。ドアのプレートを挟み込むように電子ロックキーを取り付けてきます。この際に電子ロックキーの外側の機器を取り付けた時にシリンダーを使って機器を固定するのですがその時にシリンダーを使ってちゃんと鍵がかかるかどうか、機器はちゃんと固定されているかどうかを確認してから次の作業に取り掛かります。ここの作業をちゃんとしておかないと使用しているうちに不具合が生じたり防水が甘くなってしまい機器が故障する可能性もあるのでしっかりと確認しながら作業を進めていきます。

取り付けが終わったら電子ロックキーとドアの間に隙間があるのでこちらをそのままにしてしまうと雨などが入り込んで機器が故障してしまうのでシリコンで防水していきます。防水が目的とは言え見た目が悪いといけないのでちゃんと必要のない部分にはマスキングテープをはり必要最低限の部分にコーキングができるようにしておきます。こちらの危機は曲線になっているところが多いのでそういったところにマスキングテープを貼る際はマスキングテープを細かく次にながら曲線をきれいにコーキングできるようにマスキングテープを貼っていきます。

シリコンで防水が終わったら一通り開錠、閉錠を確認し、設定を行い、使用上に問題がないかを良く確認して作業完了です。今回のような特殊なところへの取り付けは使用上の問題、部品の工夫、見た目のそれぞれを良く考えて行う必要があります。

今回コダキさんが使ったものはこちらでです。

単三電池(パナソニック、エボルタ)はこちら

diy,室内のドアをカッティングシートで明るい色にリフォームしました。

diy,ダブルシリンダーのドアを電子ロックキーに交換します。

関連記事

  1. diy 電子ロックキーの取り外し、原状復帰

    2016.12.31
  2. diy,新設したドアを加工し、シリンダー錠と電子ロックキーを取り付けました。

    2018.03.23
  3. diy,工場の通用口にある電子ロックキーを新しいものに交換しました。

    2017.09.15
  4. 電子錠メンテナンス

    2016.10.08
  5. diy,通常のシリンダーのついているドアに電子錠を取り付けました。

    2019.02.27
  6. diy,新設した木製の引き戸に電子ロックキーを取り付けます。

    2018.11.10
PAGE TOP