Loading

BLOG

収納の襖(ふすま)を削って動きを調整しました。DIY

今回は収納用の押し入れの襖が経年劣化もありかなり動きが悪くなっていたので原因の追求と補修を行っていきます。まずは現像の押し入れの襖の動きを確認します。

確認したところかなり押し入れも上下がすり減っているのと膜の歪みも見られ襖自体を削らなければいけないので削るべき場所を確認します。

IMG_6815 IMG_6818 IMG_6817
確認したら削る場所をマーキングしておきどのくらい削れば良いのかもその際にメモしておきます。削る場合は関内や小刀などを用いって削る場合もあるのですが今回は確実にきれいに削れるよう、トリマーと言う工具を使って削っていきます。こちらの道具を使えば細かいところでもきれいに加工することができます。またトリマーの刃先を変えることでさまざまな加工ができいろいろな用途に使えるので、大変便利です。

IMG_6819IMG_6821
まずは麩の下の溝に入る部分が削れてチビていて襖本体を引きずっていたのでこちらの加工をしていきます。また襖の上の部分も削ってたそう遊びができるようにしておきます
麩全体を削り終えたら一旦襖を元に戻して、襖を閉めた際にスキマが無いかを確認します。スキマが空いていたら再び襖全体を調節するように削っていきます
隙間がなくなったら全体の動きを確認し作業完了です。

IMG_6820IMG_6822 IMG_6823
今回コダキさんが使ったものはこちらです。

トリマーはこちら

簡単 DIYで網戸交換方法

壁に鏡を取り付ける方法のDIY

関連記事

  1. diy,室内のリフォームで建具を洋風に新調し、部屋の印象を新しいものにします。

    2018.06.29
  2. diy 白くペンキ塗装 塗り方にもコツがある

    2016.11.24
  3. ふすま宅配サービスで注文して取付しました。

    2017.03.20
  4. diy,リフォームの一環として網戸の張り替えをしました。

    2019.07.26
  5. diy,和室から洋室へのリフォームで建具をネットで注文し、洋風の物へ新調しました…

    2018.05.11
  6. diy,室内のリフォームで新しくドアを新設しました。

    2019.10.03
PAGE TOP