Loading

BLOG

diy,工場の通用口にある電子ロックキーを新しいものに交換しました。

今回はとある工場の通用口に取り付けてあった電子ロックキーが故障したらしく、新しいものに交換しました。
こちらにもともと付いていたものは取り付けてから結構年月が経っているらしく、タッチパネルの反応が悪くなっておるのと内側から開けるつまみの部分が壊れていたので、新しいものを取り付けて欲しいという要望がありました。やはり工場や企業など人の出入りが頻繁にある所ではこういった鍵などが故障していると出入りするときに不便があると、それに対応する時間も多大なものになってしまうのでそういった不便があってもすぐに対応できるものを取り付ける必要があります。


今回取り付ける電子ロックキーはそういった電子機器の故障があったとしても鍵で開けれるようにシリンダーも取り付けてあるのでそういった故障が万が一発生した場合にもすぐに対応することができます。
まずは古い機器を取り外していきます。こういった電子機器を取り外す時に順序を守って取り外しを行わないと取り外しができなくなってしまうものもあるので取り外す前に充分にどういったものがついておるかを確認して取り外して行きます。そして取り外した機器の部品等はわかるところにまとめておいておかないと新しいものと混ざってしまうとややこしくなってしまうのでそういった点も注意します。
取り外した後は新しいものを取り付けるのですが、古い機器を取り付けてあったところがフラットな状態になっていないと新しいものを取り付けた時にドアに密着せずガタガタになってしまうのでもし取り外した後などが凸凹の場合はフラットになるように処理してから新しいものを取り付けます。


まずは外側の機械を専用の部品で固定していきます。この時に外側の機械は雨風などにさらされることがあるので機械の内部に水が入り込まないようにしっかりと機器が密着しているかを確認しておきます。そういった取り付け後に問題が発生したときにリカバリーをするのが難しいところはその都度注意して確認しておきます。


次に鍵のドアに内蔵されている内部の部品をもとに戻し、シリンダーを設置していきます。この時にシリンダーがちゃんと取り付けられていて、鍵を使ってちゃんと開閉できるかを確認して次の作業に移ります。


次に内側の機器を設置していきます。この時にドアを開け閉めしたときに取り付けた機器が何かにぶつからないかを注意しながら取り付けます。案外取り付けている最中は使用しているときの問題を見落としがちなので取り付けながら使用していくときに何か不便がかからない日を確認しながら取り付けていくと良いでしょう。


そして最後にオートロック用のセンサーをドア枠に取り付け、電源を入れて鍵の設定を行い、暗証番号とカードキーで鍵が開くかを確認し作業終了です。

 

今回コダキさんが使ったものはこちらです。

電池(エボルタ)はこちら

diy,電子ロックキーの取り換え、玄関ドアの穴の加工をしました。

diy,室内にインターネットの差し込み口を設置しました。

関連記事

  1. diy 電子錠の交換をしました。

    2016.11.25
  2. diy,シリンダー錠を新設しそれを利用して電子錠を取り付けました。

    2019.03.08
  3. diy,シリンダー錠のドアのシリンダーを交換し、電子錠を取り付けました。

    2017.12.27
  4. diy 電子ロックキーの取り外し、原状復帰

    2016.12.31
  5. diy,木製の引き戸に電子ロックキーを取り付けます。

    2017.06.22
  6. diy,通常取り付けができないドアへも部品を用いて加工すれば電子ロックキーを取り…

    2018.06.08
PAGE TOP