Loading

BLOG

diy,室内にインターネットの差し込み口を設置しました。

今回は、マンションの室内に共用部からLANケーブルを室内に引き込み、室内にLANケーブルの差し込み口を設置する工事をしました。


こちらの物件は設備として各部屋にLANケーブルの差し込み口を設け、そこから無料でインターネットを使える設備が備わっている物件になります。各部屋にこういった設備を設け入居者の方が入居した際にインターネットを手軽に使える設備として近年、セールスポイントとして空室対策などをしている物件が増えてきています。
まずはこちらの物件のLAN工事のやり方としてもともと電話線を室内に引き込むために共用部から室内に配管が設置してあるので、それを利用して室内に共用部からLANケーブルを引き込んで行きます。


まずは室内の電話の差込口のプレートを分解します。すると、電話線が出ているところに配管の出口があります。そこに通線用のワイヤーを差し込んでいきます。この通線用のワイヤーは差し込んでいっても折れてしまうことがなくかつ柔軟性があるので、こういった細い線を通す際に工事で用いられる道具です。ワイヤを差し込んでいくと教養部の配管の出口にワイヤーの先が出てきます。


共用部からワイヤの先が出たらそこにLANケーブルの先端をほどけないようにくくりつけます。


そして室内から通線用のワイヤを引き抜いてLANケーブルを通していくのですが、どうしても先に電話先等が配管の中に入っている時は船が通りにくい時もあるので、ケーブルスライダーと呼ばれる線を通す際に滑りを良くするスプレーをLANケーブルに吹き付けてから線を通していきます。また配管の中の見えないところで通線用のワイヤーと電話線とが絡まってしまっていてワイヤーを抜くと電話線が一緒についてきてしまうことがあり、無理にワイヤーを引っ張ると電話線が千切れてしまうことがあるので、そうならないよう室内で電話線が出てこないように抑えながらLANケーブルを引っ張り出します。


通線が終わったら室内に嵐の差込口の端末を設置し室内のプレートに収めます。LANケーブルはケーブルの中に細い線が8本ありそれを色分けで区別しているので間違わないように順番に端末に取り付けます。


室内の処理が終わったら、共用部のインターネット設備の機械が入っているボックスの中にLANケーブルを通してこちらも端末を処理して各部屋に分配しているスイッチングハブに差し込みます。


そして室内でパソコンを用いてインターネットに接続できるかを確認して作業完了です。

diy,工場の通用口にある電子ロックキーを新しいものに交換しました。

diy,和室を洋室にリフォームするので室内の木部を塗装しました。

関連記事

  1. LANケーブル配線

    2016.10.17
  2. めざましカーテン IOT商品

    2016.08.21
  3. diy,古くなった防犯カメラを撤去し、新しいものを取り付けました。

    2018.01.12
  4. diy Wifiルーターを部屋の設備として設置しました。

    2016.12.31
  5. diy,空室にインターネットの差し込み口を設置しました。

    2017.02.08
  6. diy wifiは賃貸に必要です。無線LANルーター取り付け

    2016.10.31
PAGE TOP