Loading

BLOG

diy,電子ロックキーの取り換え、玄関ドアの穴の加工をしました。

今回は古い電子ロックキーを新しい電子ロックキーに付け替える工事をしました。こちらの古い電子ロックキーは取り付けるのに穴を開ける必要があるのですが新しいものを付け替える時に新しい電子ロックキーでその開けた穴を塞いでいたのですが従来のものが高い位置についていたため新しく取り付ける機器で塞ぐことができないため合わせて穴を塞ぐプレートも設置しました。


まずは穴を塞ぐために設置するプレートを加工してつくります。新しく取り付ける機器の位置から穴を塞ぐために必要ないつまでの長さを測り、プレートを設置して挟み込むようにして新しい機器を取り付けるために、それに必要な長さにプレートの板を加工して、シリンダー用の穴を開けてつくります。こちらのプレートは玄関ドアに設置するため、セキュリティー上のためにもなるべく丈夫で、外気にも触れるところに設置するためなるべく腐食が進まないような素材を選んで取り付けます。アルミやブロンズのプレートは取り付ける場所によっては腐食しやすい素材の為、こういった場合は避けて腐食しにくいステンレスや真鍮のプレートを選びます。そして表面にシートを貼り外気と遮断するようにプレートを作成します。シートはなるべくドアの色に近いものを選びます。


プレートの加工が終わったら古い電子ロックキーを取り外します。取り外したらドアはきれいに掃除しておきます。
そして先ほど作成したプレートをドアに設置し、それを挟み込むようにまずは電子ロックキーの外側の機器と内側の機器を設置するのに使う座金を取り付けます。この時プレートや木々がずれないようになるべくしっかりと取り付けることが大事です。


取り付けが終わったら新しく設置したシリンダーがちゃんと機能しているかどうかを確認して鍵のデッドボールとの動きが悪いようであれば潤滑油を吹きつけうごきをよくします。この時気をつける事はシリンダーに直接潤滑油を吹きかけるとシリンダー内にたまった潤滑油の油分にゴミなどが付着しやすくなり、シリンダーのこまかい部品の中にゴミやほこりが入り込んで、逆に動きが悪くなる場合もあるのでシリンダーにはなるべく潤滑油がかからないように気をつけながら作業します。


そして内側の機器を設置し、オートロック用のセンサーをドア枠に設置したら電源を入れて鍵の開閉の確認と電子ロックキーの設定を行い作業完了です。


今回コダキさんが使った物はこちらです。

電池(エボルタ)はこちら

diy,照明器具の交換、電源工事を行いました。

diy,工場の通用口にある電子ロックキーを新しいものに交換しました。

関連記事

  1. diy,ダブルシリンダーのドアに電子ロックキーを取り付けました。

    2018.04.05
  2. diy,電子ロックキーの取り付けをドアの形状に合わせて設置しました。

    2018.01.18
  3. diy,通常取り付けができないドアへも部品を用いて加工すれば電子ロックキーを取り…

    2018.06.08
  4. diy,古い電子錠の交換、ドアの穴の修正をしました。

    2017.01.31
  5. diy,新設した木製の引き戸に電子ロックキーを取り付けます。

    2018.11.10
  6. diy,電子ロックキーを新しいものに交換し、それに合わせてドア枠を加工しました。…

    2018.06.26
PAGE TOP