Loading

BLOG

diy,トイレのドアストッパーを床に設置するフラット式の物にしました。

今回は、トイレのドアのドアストッパーを床に取り付けるマグネット式のフラットなものを取り付けました。フラットなドアストッパーとは普段はドアが閉まっているときは床にフラットになっているのですがドアストッパーとして作用する時はマグネットの力でドアをストップさせドアが壁や外のドアなどにぶつかって傷がついてしまうことを防ぐものになります。このドアストッパーをつけておかないと特に賃貸住宅の場合は退去の時に傷がついてしまっていて余分な保守費を払わなければいけなくなるのでそういったことを防ぐためにもドアストッパーは必ず取り付けておく必要があります。そして今回はフラット式のものを取り付けるので普段使用していない時は床下に隠れているので見た目もすっきりとしています。

まずはドアのほうにマグネットが付いている部品を取り付けていきます。こちらは床下に固定している受け口の金属の板が近づくとマグネットの力で押し上げてその板とひっつくことによりドアが開きすぎないようにストップさせる役割のものです。なのでこちらを取り付けるときに気をつける事は受け口が近づいた時にしっかりとマグネットに金属の板が反応する高さに取り付ける必要があります。取り付ける際は受け口の金属の板とマグネットをくっつけて十分に反応する高さに位置を合わせて取り付けると取り付けやすいです。今回は部品を取り付ける高さのガイドの部品がついていたのでそれに合わせて高さを決めてとりつけます。

そして次に床の部分に受け口となる部品を設置するのですがこちらもマグネットと金属の板が反応する位置でなおかつドアのドアノブなどが壁や外のドアにぶつからないところに設置する必要があるのでこちらはビスを打って固定する位置をマーキングし取り付ける方向や位置をしっかりと決めて取り付けます。この時に床に取り付ける部品の角度や位置を細かく調整しておかないとドアを開けた時にマグネットの反応がしづらい位置や角度に取り付けていると床の部品を通過してドアが壁や他の建具にぶつかってしまい、せっかく新しく新調したドアや壁に傷がついてしまうのでそういったことを防ぐためにも案外この作業は重要です。位置を決めるときは何回かドアを開け閉めしてみて確実にドアストッパーが反応することを確認しておきましょう。

両方の取り付けが終わったらドアを開け閉めしてみてしっかりとドアがストップされることと他のものにドアがぶつからないかを確認して問題がなければ作業完了です。

今回コダキさんが使ったものはこちらです。

フラット式ドアストッパーはこちら

diy,トイレに便利でおしゃれな棚付きのペーパーホルダーをとりつけました。

diy,モニターホン(子機付き)の取り付け、室内の子機でどこでも対応できます。

関連記事

  1. diy,和室から洋室への改装で建具を洋風のものに交換しました。

    2017.10.31
  2. diy 洗濯機の水栓の先端のニップルを交換しました。

    2016.12.26
  3. 雨漏り どこが原因?

    2016.08.30
  4. diy,和室の建具をネットで注文し交換します。

    2019.01.26
  5. diy 天井の補修をします。

    2016.11.28
  6. diy,空室に新しい建具を取り付けました。

    2017.01.12
PAGE TOP