Loading

BLOG

diy,古い火災報知器を取り外し、バッテリー式の物に交換しました。

今回は、室内の天井に設置する住宅用火災警報機の設置を行いました。こちらの火災警報機は改正消防法が交付され、2006年6月からすべての住宅、アパート、共同住宅に火災警報機の設置が義務付けられていてこちらをアパート等の共同住宅に設置する必要があります。こちらの部屋はもともとケーブル式の火災警報機が設置されていたのですが機器の老朽化などにより誤作動で警報が鳴ってしまうということが多発していたのでこちらのバッテリー式の警報機に交換することになりました。こちらのバッテリー式の火災報知器は部屋の中に火災による煙が充満すると音で知らせるものになります。この他にも家庭用電源タイプの物もありますが、個人的には空室などの電源が入っていない部屋で、なんらかの原因で火災が発生した場合警報がならない場合があるので、バッテリー式の物をお勧めします。ただ、バッテリー式は電源が約10年もちますが、交換時期をしっかりとチェックしておいて交換しないといけないと言うデメリットもありますので商品に交換時期が明記されているのでそれをしっかりと確認しておく必要があります。
早速新しい火災警報機を天井に取り付けていきます。取り付ける場所は今まで行動色の火災警報機がついていた場所にそのまま取り付けてコードが通っていた穴を隠して取り付けていこうと思います。まずは天井にビスで本体を固定するのですが、ビスを打つところに天井材の裏に木等があるか確認します。天井に設置するのでしっかりとビスの効く位置に設置しないといけないのでもしビスの利くようなものが天井材の裏側にないとアンカーなどを埋めてビスがしっかりと効くようにしておきます。

ビスで火災警報機の本体を固定したら次に落下防止のためのピンを打ち込んでいきます。もし火災警報機が鳴ってしまったときに音を止めるために本体に下がっている紐を引っ張って音を止めるのですがその時に機器本体に負荷がかかってしまうのでそれにより火災報知器が落下してしまわないように二重に機器本体を固定していきます。

機器が固定できたら音を止めるための紐本体に結びつけ、本体を起動させます。こちらの起動の作業をやらないと煙感知器が作動しないのでこちらは忘れずに必ずしておく必要があります。

それぞれの作業が終わったらカバーを取り付けて作業完了です。防災上の事は入居者の方が安全に暮らすために必要不可欠なことなのでしっかりと確認して設置した方が良いでしょう。

diy,室内の色調にあわせてカーテンの房掛けを設置しました。

diy,室内のコンセントを新しいものに交換しました。

関連記事

  1. diy,リフォームの一環として網戸の張り替えをしました。

    2019.07.26
  2. リフォーム技術 diyで床のキズ補修 (学生物件続き)

    2016.08.23
  3. diy,室内の壁を断熱加工します。

    2017.01.30
  4. 屋上給水管部分の塗膜防水

    2016.09.30
  5. なんで、左右ちがうカーテン掛けがついていたんだ!

    2016.09.22
  6. diy,和室の押し入れを手軽にクローゼットにリフォームできます。

    2018.08.29
PAGE TOP