Loading

BLOG

diy,室内のインターフォンをテレビモニターフォンに交換しました。

今回は空室のリフォームで室内のインターホンをテレビモニターフォンに交換する工事を行いました。やはりテレビモニターフォンに交換することによってセキュリティー上の向上や留守中の訪問者の確認などもできるためこういった設備があると大変便利です。
まずもともとのインターホンの室内の設備が天井付近の高い位置についているので外とつながっている線がそこまでしか来ていないので室内のモニターフォンを設置する所まで電源用の線と外の機器と室内の機器をつなぐ線を持っていく必要があります。この時に室内で線を取り交わすのに壁伝いにモールで線を立ち下げる方法もあるのですが、見た目の悪さも目立ってしまうので何とか壁の中で天井に線をいったん立ち上げ、天井伝いに線を取り交わし設置場所まで線をもっていきます。この時に安全の為、ブレーカーはちゃんと落として作業をします。まだ明るい時間とはいえ天井裏は暗く、かつ天井裏は室内の様々な線があり、線が見えづらいので、ライトを持ってきて線を間違えないよう確認しながら作業をします

image1 (1)IMG_7691image2image3IMG_7692
次にもともと機器が付いていた場所の壁が穴になっているのでこちらを塞ぐ作業をします。まず内壁と同じ厚みの板を用意して用意した板と同じ形に壁に穴を開けます。そして板を壁にはめ込み、パテでふちの部分を慣らして穴を塞ぎます。この後こちらの部屋は壁紙を貼り変えるのでその前に終わらせておかなければならない作業です。

IMG_7694IMG_7693IMG_7695IMG_7696IMG_7732
次にテレビモニターフォンの設置に取り掛かります。まずは壁に本体を固定する用の座金を固定します。この時にちゃんと水平になる様に水平器で測りながら固定します。そして機器に電源用の線と外機につながる弱電用のベル線を繋ぎこみます。この時にベル線は2本あるのですがそれぞれの線に色が付いているので何番に何色の線を繋いだかをちゃんと確認しながら繋ぎます。そして先程取り付けた座金に本体を固定して内側の機器の取り付けは完了です。

image1image4image5image6
次に外側の機器の取り付けを行います。まずは古い機器を取り外し、弱電用の線に劣化がないかを確認します。劣化や断線があると外機と内機との通信がうまくいかず作動しないこともあるので線の中にサビなどがないかを確認しておきます。確認したら弱電用の線を内機に繋いだ番号の通りに間違えないように繋ぎ固定します。この時も水平になるように気をつけて設置します。特に外側の機器はレンズがあるので傾いていると室内のモニターにも傾いたまま映ってしまうので気をつけて設置します。

IMG_7792IMG_7793IMG_7794IMG_7795IMG_7796
取り付けがおわったら機器の設定をして、一度テレビモニターフォンを鳴らしてみてちゃんと音がするか、モニターに映るかを確認して作業完了です。

image7image8
今回コダキさんが使ったものはこちらです。

テレビドアフォンはこちら

diy,和室から洋室にリフォームするために室内の木部を塗装しました。

diy,ドアノブの高さを変更する工事を行いました。

関連記事

  1. diy,室内のインターフォンをモニターフォン(子機付き)に交換しました。

    2017.09.28
  2. diy,インターホンをテレビモニターフォンへ交換工事をしました。

    2019.10.25
  3. diy,玄関チャイムをモニターフォンに交換し、室内の便利な場所に移動しました。

    2020.05.09
  4. diy,玄関チャイムをカメラ付きモニターフォンに交換しました。

    2020.03.14
  5. diy,インターフォンをテレビモニターフォンに交換しました。

    2019.08.16
  6. diy インターフォンの交換を行いました。

    2016.12.26
PAGE TOP