Loading

BLOG

diy,新設したドアを加工し、シリンダー錠と電子ロックキーを取り付けました。

今回は、ある事務所のリフォームで新設された事務所の出入り口のドアの鍵に電子ロックキーを取り付ける工事を行いました。こちらのドアは木製でまだシリンダー錠などの設備が付いていないドアで、こちらに電子ロックキーを取り付けるのにはまず、シリンダー錠を取り付ける必要があります。そしてこちらに取り付けるシリンダー上なのですが、こちらは普通のドアノブ型のドアと違い開け閉めするための取っ手が付いているドアで普段使用しているドアノブと一体型となったシリンダー錠を取り付ける事はできません。なので、シリンダー錠のみの取り付けが可能となるバックセットを用意する必要があります。こちらのバックセットは普段住宅用シリンダー錠のドアにセカンド錠として使用する目的で作られたもので今回はこちらを利用してドアにシリンダー錠と電子ロックキーを取り付けていきます。


まずは取り付ける予定のドアの木製の部分のサイズをよく測り用意したバックセットが収まるサイズなのかを確認しておきます。こちらの木製の部分の幅があまり大きくないとバックセットを取り付けるための穴を開けた時にガラスなどに影響が出て取り付ける際にガラスが割れてしまったり、電子ロックキーを設置した時にガラス部分まではみ出てしまって、せっかく電子キーを取り付けても見た目が良くなくなることもあるのでそういったことを防ぐためにも必ずバックセット用意する前に取り付ける予定のところのサイズをよく測り電子ロックキーを取り付けるシュミレーションをしておくことが大事です。

 
取り付けるのにちょうどいいサイズのバックセット用意してまずはシリンダー錠の取り付けをしていきます。

こちらのバックセットの取り付けのためにまずはドアに穴を掘り込んでいきます。ドアに穴を開ける前にシリンダー錠をつける位置を慎重に図り、そこの位置がズレないようにスミ入れを忘れずにしておきます。この時に穴を深く開けすぎるとドアのガラス部分にドリルのはが当たってガラスが割れてしまう恐れもあるので穴を開ける深さのところでドリルのはにテープなどで目印をつけてそれ以上深く掘り込まないようにします。そしてバックセットの固定用の部分の厚みをよく図りそこの部分はトリマーと言う機械を使って均一の厚さで掘っていきます。今回はバックセットを固定するための部品の厚さが4ミリなのでトリマーの刃の出幅を4ミリにセットしてドアの木部を削っていきます。ただ、トリマーを使って掘り込んで行くときにスミを入れた極の部分は少しでも手元が狂うと必要ない所まで掘ってしまうので、木部を削る部分のスミ入れをした線より少し控えめで掘り込むことを止め、際の部分は手作業ではみ出さないように掘っていきます。この時に彫刻刀などを使いあらかじめ線のところに切れ込みを入れておくときれいに仕上がります。


堀込が終わったら少しでも折り込みが足りないところがないかを確認するために一旦バックセットを入れて確認してみます。この時にバックセットを入れるのにあまり窮屈だとその後の電子ロックキーを取り付ける時にバックセットの中を通すコードが入らないので少し余裕を持ったサイズであることを確認します。そしてシリンダーを取り付ける穴の位置を測ってドアの表面と裏面に開けます。
そしてドアの枠の部分にシリンダー錠のデットボルトが入る受け口のプレートを収める穴を開けていきます。こちらの取り付け位置がずれないように必ずドアのシリンダー蔵を取り付けてからドア枠のちょうどいいサイズを測っ入る受け口のプレートを収める穴を開けていきます。こちらの取り付け位置がずれないように必ずドアのシリンダー錠を取り付けてからドア枠のちょうどいいサイズを測ってそこの位置を加工していくとミスも少なく確実に加工ができます。こちらも、受け口のプレートよりも大きいサイズに穴を加工してしまうと仕上がりが汚く見えてしまうので加工しながらプレートをはめてみて加工した穴がきれいに隠れることを確認しながら作業していきます。


シリンダー錠の取り付けの加工が終わったら次に電子ロックキーを取り付けていきます。まず電子ロックキーの外側のタッチパネルの部分の機器と内側の危機を固定する座金の部分をシリンダーを使って固定していきます。こちらは外側の機械の内部にシリンダーを調整しながら収めてそれと内側の木々の座金をボルトで挟み込むように固定して外側の木々が動かないようにしっかりと固定していきます。こちらの取り付けではシリンダーの調整を細くしてしっかりと取り付けられていてかつシリンダーもちゃんと鍵を使って開けれることを確認しておきます。


そして次に電子ロックキーの内側の木々を取り付けていきます。内側の機器にはオートロック用のセンサーとサムターンを回すための軸棒などの部品を取り付けてネジで固定していきます。そして内側のサムターン等がちゃんと回るかどうかを確認しておきます。そしてドア枠にオートロック用のセンサーのもう片方ちゃんと扉が閉まった時に反応する位置に取り付けておきます。


取り付けが終わったら電子ロックキーに電池を入れてまずは、電子ロックキーがちゃんと機能しているかどうかを確認します。こういった電子ロックキーなどの機器に使用する電池ですがこういったところに使う電池は必ずアルカリ電池いや最近増えてきているアルカリイオン電池などを使用します。理由としてはまず電池の持つパワーが電池が切れる直前まで均一に同じであること、マンガン電池や充電式の電池は使用を始めてから電池が切れるまでの間に徐々にパワーが弱くなってきて一定のパワーが出なくなると電子ロックキーが作動しなくなることもあり電池の寿命を考えると直前までパワーを維持できるアルカリ電池もしくはアルカリイオン電池を使用しなければいけません、最近出ているアルカリイオン電池はその他の機器の故障の原因となる電池からの液漏れを防止する機能も付いています。そして電子ロックキーの設定を行い扉を閉めたときに鍵が引っかからずちゃんとかかるかどうかを確認して作業完了です。


今回コダキさんが使ったものはこちらです。

トリマ(マキタ)はこちら

単三電池(エボルタ)はこちら

diy,室内2ヶ所にお部屋の設備としてタオルかけを設置しました。

diy,シリンダー回りにプレートのあるドアへの電子錠の取り付けを行いました。

関連記事

  1. diy,通常のシリンダーのついている玄関ドアに電子ロックキーを取り付けました。

    2017.08.25
  2. 電子錠取り付け

    2016.10.08
  3. diy,丸ノブ式の玄関ドアを加工してレバーハンドルを取り付け、電子ロックキーを取…

    2017.12.21
  4. これで合鍵作成の必要なし(玄関の電子錠取り付け)

    2016.11.07
  5. 空室対策 リフォーム オートロックの文字盤の文字

    2016.09.17
  6. diy,既存の玄関ドアに電子ロックキーを設置しました。

    2017.01.30
PAGE TOP