Loading

BLOG

diy,室内を洋室にリフォームしました。それに合わせて建具を洋風の物に交換しました。

今回は和室から洋室へリフォームした部屋に設置してある、襖や出入口の引き戸、2部屋洋室にリフォームしましたので部屋の間の間仕切りを洋風の建具をオーダーメイドで発注してそれを取り付ける作業を行いました。オーダーメイドで発注する建具ですがインターネット上で建具のサイズなどを測って、色や取っ手等の備品を指定して注文するだけで後は郵送されてきたものを設置するだけのものになります。ただ、建具のサイズを測るときに注意することは、その建具を収める枠自体が古くなっている場合、左右で枠のサイズが少しずれていることがあり、それを調べないまま注文してしまうと最悪の場合、届いた建具が枠より小さかったり、逆に大きすぎて収まらなかったりすることも考えられますので、サイズを測るときは建具の枠の左右と中央のサイズを測り、その平均の数字の建具を注文することをお勧めします。

色はかなりのバリエーションがあるので部屋の雰囲気に合わせて指定することでオリジナルな建具を手軽に取り付けることができます。今回は洋室にリフォームするにあたって部屋の木部をホワイトに塗装したのでそれに合わせて建具の色を白っぽい木目柄にしました。

注文して建具が届いたらまずは梱包を全て剥がして取り付けの準備を行います。何分インターネット注文で郵送で送られてくるもので梱包は厳重にされていますのでコンポを剥がすときはカッターなどで建具自体を傷つけてしまわないよう気を付けて梱包を剥がしていきます。

まずは押し入れからクローゼット風の扉を取り付けることで洋風にリフォームできる扉を設置していきます。こちらも同封されてくる部品を麩の溝に設置するだけで簡単に取り付けることができます。麩の上下にクローゼットの支柱をはめ込む部品をドライバーで取り付けそこにクローゼットの本体をはめ込んで設置します。クローゼットを取り付けた後に微妙な隙間等はその後で、ドライバーを使って微調整をしてきれいに設置することが可能です。

次に押し入れの天袋、出入り口は溝の部分に敷居を滑りやすくするテープを貼って設置をします。このテープを設置することによって扉自体の動きがかなり軽くなります。こちらも設置した後に微妙な隙間などが生じていたらドライバーを使って微調整をして隙間を埋めることが可能です。一通り設置が終わったら建具を全て再度動かしてみて気になる点や動きが悪い点等がなければ作業完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

押し入れrクローゼットはこちら

引き戸はこちら

diy,室内の照明をLEDの物に交換しました。

diy,室内木部の塗装の時に使用するアク、ヤニ止めについての紹介をします。

関連記事

  1. diy トイレ周りの幅木ドア廻り塗装 効果抜群 空室対策

    2016.12.13
  2. 収納の襖(ふすま)を削って動きを調整しました。DIY

    2017.02.27
  3. 漫画好きにはたまらない。マンガをたくさん収納できるオフィス用デスクがあります。

    2017.02.28
  4. diy,テレビアンテナジャックとコンセントを交換しました。簡単な工具があればでき…

    2018.11.15
  5. diy,トイレのドアストッパーを床に設置するフラット式の物にしました。

    2018.09.14
  6. 屋上給水管部分の塗膜防水

    2016.09.30
PAGE TOP