Loading

BLOG

diy,収納にハンガーパイプを取り付けました。収納の利便性がUPします。

今回は、空室のリフォームで、和室を洋室に改装する工事を行いました

こちらの部屋は畳の床を改装しフローリングの床にリフォームしているので、それに合わせて部屋にあった押し入れを洋風の室内の雰囲気に合わせて、押入れの中にハンガーが掛けれるように、ハンガーパイプを取り付けました。

やはり、洋風の部屋に改装したので、収納の部分だけ襖の収納スペースになると雰囲気がなくなってしまいます。

そして、収納の中もクローゼットなのでハンガーがかけれるようにパイプを取り付けていきます。

ハンガーパイプは、パイプとそれを固定する止め金具で取り付けるのですが、収納の壁は石膏でできていて、そのまま取り付けると使用していくうちにハンガーパイプを止めたネジがしっかりと固定できずパイプが外れたりして落下し収納していたものが傷ついたり使用者が怪我をする恐れがあるので、しっかりと固定する必要があります。

用意するアングルですが、ホームセンターなどで数種類タイプがあり、取り付ける位置の壁にしっかりとアングルが固定できる位置にネジ穴があるものを選ぶことと、パイプにハンガーをかけるときにかけやすいように天井からパイプまでにしっかりとスペースが確保できるものを選びます。

こういった細かい部品を選ぶ際も使用するときに不便が無いかを考えながら選ぶと失敗が少ないです。

次に先ほど用意したパイプ固定用のアングルを取り付けていきます。

まず初めにどちらからでもよいですが、端のアングルを一つネジを打ち込み固定します。この際ビスを打ち込む壁の裏に木材などの下打ち材がない時はボードアンカーを打ちます。

パイプに物をかけると取り付けたアングルに対し真下に負荷がかかるのでビスはあまり細すぎないものを選びます。


そしてパイプの長さを微調整して余分な部分を、パイプカッターを使ってカットしていきます。

この時、パイプを多く切りすぎてしまうと寸足らずになり取り返しがつかなくなってしまうので多少長めに切って少しずつ微調整して長さを整えていくと失敗がなくなります。そして中間ともう片方のアングルもパイプごと取り付け、ハンガーパイプの取り付けは完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

こちらのリンク先は楽天市場の ハンズマートさんを案内しています。

建築金物 ステンレスパイプ パイプソケット 長さ指定可能

ステンレスパイプ(直径32mm)、各種パイプソケットはこちら

 

diy,室内のドアを同一のシートを貼ってリメイクします。

diy,古い下駄箱もシートでリメイクし新品のようになります。

関連記事

  1. diy,室内のリフォームで建具を洋風に新調し、部屋の印象を新しいものにします。

    2018.06.29
  2. 外壁のコーキング打ち直し

    2016.08.31
  3. diy オーダーメイドで建具を新設、手軽にできます。

    2016.12.28
  4. diy,室内の天井を塗装しました。天井が綺麗だと部屋の印象が変わります。

    2017.02.16
  5. diy,部屋を和室から洋室にリフォームしたので建具も洋風な物に交換します。

    2017.06.14
  6. diy,和室から洋室への改装で建具を洋風のものに交換しました。

    2017.10.31
PAGE TOP