Loading

BLOG

diy,収納の床面にクッションフロアを貼りリフォームしました。

今回は、リフォームしている室内の角の床面を今まで使っていた床面の上にクッションフロアのシートを貼ってきれいにリフォームしていこうと思います。
こちらの収納の床は長年使っていて汚れが目立ってきていてこちらをCFシートに変えることで汚れが付きにくくなりますし、多少クッション性があるので収納するものを傷から守ることもできます。

こちらの収納の床は長年使っていて汚れが目立ってきていてこちらをCFシートに変えることで汚れが付きにくくなりますし、多少クッション性があるので収納するものを傷から守ることもできます。まずはクッションフロアを貼る床面のサイズを測りそちらに貼り付けるクッションフロアを測ったサイズよりも多少大きめにカットして下準備をしていきます。


クッションフロアをカットしたら次に収納の床面をきれいに掃除してクッションフロアを貼らない所には付着しないように気をつけながらクッションフロア用のボンドを特殊なヘラを使って均等に伸ばしていきます。この際ボンドの厚みが不均一になるとボンドが乾く時間も変わってくるのでクッションフロアがうまく貼れないことがあるのでなるべく均等になるように気をつけながらボンドを伸ばしていきます。そしてこちらのボンドはクッションフロアを貼り付ける前に表面を乾燥させてから貼り付けるものなので30分から1時間位表面を乾かします。表面が透明になってきたらボンドが渇いた合図です。


ボンドが乾いたらクッションフロアを貼り付けていきます。この時にクッションフロアの柄が貼り付ける面に平行になるように気をつけながら最初は押さえつけずに軽くかぶせる感じで貼り付ける位置を決めてから表面に重しをかけて全体的に貼り付けていきます。
全体がしっかり張り付いたら余分な部分をカットしていきます。この時クッションフロアは厚みがあるので正確にカットするのは難しいですが専用の臓器などを使ってしっかりと角を出して慎重にカットしていきます。
余分な部分を全てカットしたら角のところにコーキング剤を打っていきます。この作業をすることで見た目もきれいになりますし、使用中に角のところがめくれてくるのを防ぐ役割もします。全体的にコーキングをしてボンドが不十分に貼れていないところがないかを確認して作業完了です。


今回コダキさんが使ったものはこちらです。

クッションフロアはこちら

クッションフロア用ボンドはこちら

diy,玄関先におしゃれなレトロ調のLEDポーチライトを取り付けました。

diy,押し入れからクローゼットに改修した収納にハンガーパイプをとりつけます。

関連記事

  1. diy キッチン収納の下の床を修復しました。

    2016.12.25
  2. diy,変形した幅木を新しいものに張り替えを行いました。

    2017.02.24
  3. diy,和室を洋室に改装するため床の工事をしました。

    2019.12.05
  4. 賃貸リフォームは、古い民家のリノベーションの参考にできます

    2016.08.11
  5. diy,トイレのドアストッパーをフラット式の見た目のスッキリしたものを取り付けま…

    2018.02.28
  6. diy 先日床を切ったところを修復と点検口を取り付けました。

    2016.12.25
PAGE TOP