Loading

BLOG

diy,古くなった下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームします。

今回は、空室の整備で玄関の下駄箱が古くなってきており、こちらを新しくリフォームするために表面にシート貼り、きれいにしました。
こちらの下駄箱は、玄関のスペースに合わせて作っており、こちらを撤去して新しくするとなると下駄箱の背面にある壁の壁紙も新しく張り替えなければいけなくなり、手間と費用がかかってしまうので、そういった費用や時間を節約するためにも今ある下駄箱をきれいにリフォームしていきます。今回はマホガニー調のシート張りきれいにしていこうと思います。

今回は棚板も含めてすべての面をシート貼りするので木目がどういった流れで付いているのが自然かを考えてシートを貼る方向を決めていきます。やはりシートだからといって木目が変な方向に流れていると全体がかなりいびつに見えてしまうのでそういったところを感じさせないためにも自然な形で見えるように工夫してシートを貼っていきます。あらかじめ木目の流れを考えながら貼る部分を考えておくとシートを無駄なく使うことができます。

そして次にシート貼りやすいように下駄箱のドアの部分を取り外し、取っ手など邪魔な部品を一旦撤去します。そして、シートを貼る部分をきれいに掃除します。シートを貼る部分にゴミや汚れ等が付いているとシートがうまく定着せず使用していくうちにどんどん剥がれていきすぐに見た目が悪くなってしまうので今後こちらを使っていくことを考えながらリフォームしていきます。

そしてまずは扉の部分のシートを貼っていきます。まずは貼るシートの大きさを貼る面積より少し大きめにカットして下準備をしていきます。この時に余分な部分を作りすぎてシートを大きくカットしすぎてしまうと、いろんなところに粘着面がくっついてしまい、かえってシートが張りづらくなってしまうのであまり周りのものに影響しないような大きさを確認してシートを切り取ります。

次に天板やドアの部分をシワにならないように気を付けながらシートを貼っていきます。シートを貼ったら余った余分なところを切り取っていきますがその時壁や周りの物をカッターで傷つけないよう気を付けながら切り取ります。

そして次に、下駄箱の棚板の部分と下の部分を貼っていきます。こちらの部分は取り外して作業ができないためその場でシートを貼っていくのですが周りを汚したり傷をつけてしまわないように気をつけながら作業を進めていきます。

そしてこちらもシートを貼り終えたら余分な部分をカットしていきます。

全体を貼り終えたら先ほど分解した取っ手の部分や扉の部分を下に戻します。こういったものを元に戻すときに扉の立て付けなどがわるくなってしまっていることも多々あるので扉を下に戻したら必ず建て付けを確認して調整を行います。全て元に戻したら貼り忘れている部分などがないかを確認し作業完了です。こちらの部屋は、全体的に白い木目調で統一しているので、こういった古い部分をリフォームするのに同じ素材のものを使えば部屋全体の統一感も増してよりきれいに見えると思います。こういった形状が複雑なものでも、ちゃんと作業前に作業手順を確認しておくときれいにシートを貼れます。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

diy,部屋の表札をミルクペイントで修復

diy,室内のリフォームでオーダーメイドのドアを新設しました。

関連記事

  1. diy,部屋の表札をミルクペイントで修復

    2019.06.05
  2. diy,室内のドアにシートを貼り明るい印象のドアにリフォームしました。

    2017.10.06
  3. 白い木目調のカッティングシート使ってみました。DIY

    2017.02.28
  4. diy,ボロボロになった出窓の棚板をきれいに修繕しました。

    2017.05.30
  5. diy,モニターホン(子機付き)の取り付け、室内の子機でどこでも対応できます。

    2018.09.21
  6. diy,丸ノブ式の玄関ドアを加工してレバーハンドルを取り付け、電子ロックキーを取…

    2017.12.21
PAGE TOP