Loading

BLOG

diy,古い印象のトイレドアをカッティングシートで明るくリフォームします。

今回は、空室のリフォームでトイレのドアの色合いが若干古く感じる色合いだったので明るい木目柄のシートを貼ってリフォームしていきます。やはり部屋の中でもドアは目立つところにあるのでこちらをリフォームするだけで部屋全体の印象ががらりと変わってきます。

まずはドアを取り外し、蝶番やドアノブなどシートを貼るのに邪魔な部品を全て取り除きます。取り外すときは蝶番などは過去にドアの立て付け等で調整をした可能性もあるのでそういった形跡がないかと取り外した場所にそのままその蝶番をつけるようにしないとドアの開け閉めの際に、違うものをつけると立て付けが悪くなる可能性もあるので取り外したものは同じ場所に取り付けるように心がけます。
そして、シートを貼る前に下準備をします。まずはシートを実際に貼るより少し大きめにカットしておきます。この時に、ドアの枚数と表と裏と両方貼るのに十分なシートがあるかどうかを確認しておきます。

そして取り外したドアの表面は汚れやゴミがついているとシートがうまく定着せず貼った後に剥がれてきてしまう可能性もあるのでシートの粘着面をしっかり定着させるためにもドアの表面をきれいに掃除しておきます。ただしドアの表面を掃除する際はアルコールが含まれているものを使って汚れを拭き取ると乾いた後でも粘着面が定着しない場合があるのでアルコールが含まれているシートなどで掃除する事は避けます。そして、ドアに貼りつけるシートを作業しやすいようにあらかじめドアのサイズより少し大きめにカットしておきます。

下準備が終わったらシートをドアに貼っていきます。まずシートを貼り始めるスタートの地点を決めて貼り始めていくのですが、この時シートには柄があるので斜めになったりしないようになるべく垂直に降りるようにスタートの時点で気をつけてはり始めていきます。

そしてドアの表面にはドアの装飾やのぞき窓などの凹凸部分があるのでそういったところは張りながら余分な部分を後で切り取るように出そう余裕を持って切れ目を入れながら貼っていきます。あらかじめ凹凸のある部分に穴を開けていたりすると、どうしても会っていくうちに位置がずれてきたりするのではりながら位置を決めて切れ目を入れていきます。この時気をつける事は、切れ目を入れた後にシートを貼る部分を斜めに引っ張りながら貼ってしまうと後半部分にシワが寄ってしまいフォローできなくなってしまうのでなるべく、シート自体を無理にいっぱらずに貼っていくことが大事です。

ドアの表面にシートを貼ったら、次に余分な部分をカットしていきます。この時にフリーハンドで余分な部分をカットしてしまうとどうしてもカットする部分が不安定になり必要な部分まで切り取ってしまうことがあるので、必要な部分を守るためにも必ず定規などを使って余分な部分をカットしていきます。この作業を付け加えるだけでも仕上がりがかなり違って見えてきます。以上のことを踏まえて同じ要領で室内のドアのすべてにシートを貼っていきます。

シートを全て貼ったら、ドアノブや蝶番などを全てドアに取り付け直元の位置に戻していきます。ドアと言うものは立て付けがかなりシビアにできているので必ず取り付けた後に調整しながらもとに戻していきます。ドアの建付調整の方法についてはまた別の記事で紹介したいと思います。

すべてのドアを取り付け終えたら作業完了です。全体的に白を基調とした室内に仕上げるために前回こういう作業をしてきましたがやはり部屋の印象をがらりと変えるためにはこういった大胆なリフォームも必要になってきます。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシート(木目柄)はこちら

diy,トイレのペーパホルダーを棚付きの物に交換し利便性UP

diy,トイレのドアをネットでオーダーメイトで作ることができます。

関連記事

  1. diy,シャワートイレの設置で部屋の印象のUPを目指します。

    2017.06.09
  2. diy,トイレにウォシュレットを取り付けました。

    2017.02.20
  3. diy,トイレに便利でおしゃれな棚付きのペーパーホルダーをとりつけました。

    2018.09.07
  4. diy,撤去の難しい古い下駄箱にシートを貼りリフォームしました。

    2017.10.25
  5. DIY カウンターキッチン カッティングシート白色

    2016.08.26
  6. DIYでカッティングシート キッチンパネルを新しく見せる方法

    2016.09.07
PAGE TOP