Loading

BLOG

diy,シリンダー錠のドアのシリンダーを交換し、電子錠を取り付けました。

今回は通常のシリンダーのついている玄関ドアに電子ロックキーを取り付ける工事を行いました。こちらはいつも取り付けている電子ロックキーなのですが対応しているシリンダーの型番が合えばドアにビスの後や行動通すための穴等を開けることなく、傷をつけずに機器を取り付けることができます。玄関ドアについている鍵の型番ですが通常ドアを開けたときのドアの側面のラッチの部分に設置してある金属のプレートに型番が記してあることが多いです。

まずはもともと付いていたシリンダーの型番によってシリンダーの外し方も違ってくるので型番をよく確認しその鍵のはずし方でシリンダーを外し、ドアノブ等のシリンダーの一式を全て取り外します。この時、電子ロックキーを設置した後に全て元に戻すのでその時に部品が足らなくなっていないようにどういった部品を取り外した日をしっかりと確認しながら、ばらしていきます。

そして電子ロックキーの外側の機械をドアにもともと開いているシリンダーを取り付ける用の穴に通し、ドアのシリンダーのバックセットを下に戻し新しく用意したシリンダーを取り付けるとともに外側の機械を固定します。この時に確認する事は2つあり、シリンダーを固定したときに電子ロックキーの外側の機械はちゃんと動かないように固定されているか、機器を設置したときに取り付けたシリンダーで鍵はちゃんと開くかどうかを確認します。こちらを確認せずに次の工程に行くと後で修正が効かなくなり、結局再び鍵をばらして直すことになるのでこの時にしっかりと確認しておきます。

次に内側の機械を取り付けていくのですが、電子ロックキーを生活する上で使うことをしっかりと意識し使っていくうちに部品等が取れないように部品の1つ1つをちゃんと取り付けているかどうかを確認しながら設置しネジで固定します。

そして機器が取り付け終わったらドアノブを下に戻します。玄関ドアのドアノブは取り付け方が雑だとドアノブをひねったと下に戻らなくなることがあるのでそういったことがないようにシビアに調整し取り付けていきます。

電子ロックキーとドアノブ等の玄関ドアの部品を全て元に戻したらオートロック用のセンサーをドア枠に設置し電子ロックキーに電池を入れオートロックのセンサーがしっかりと反応しているか、玄関ドアを閉めた時にセンサーに何かがぶつかり、センサーが破損しないかどうかを確認します。

すべての確認が終わったら電子ロックキーの設定を行い使用に問題がないかを確認し作業完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

電池(エボルタ)はこちら

diy,室内の古くなったスイッチを交換し、コスモシリーズで統一しました。

diy,室内のコンセントを新しいものに交換しコスモシリーズで統一しました。

関連記事

  1. diy 玄関のエントランス、玄関のオートロックボタン安い修繕

    2016.10.24
  2. diy,玄関チャイムをモニターフォンに交換し、室内の便利な場所に移動しました。

    2020.05.09
  3. 電子錠交換

    2016.10.12
  4. diy,ドアベルの線を延長し、最適な場所へテレビモニターフォンを設置します。

    2018.03.30
  5. diy,モニターホン(子機付き)の取り付け、室内の子機でどこでも対応できます。

    2018.09.21
  6. diy,電子ロックキーの取り付けをドアの形状に合わせて設置しました。

    2018.01.18
PAGE TOP