Loading

BLOG

diy LANケーブルを自作しました。

む今回は室内にwifiルーターを設置するために使ったLANケーブルを自作で作成しました。部屋の設備として設置してあるルーターなのであまり動かすこともないのでLANケーブルをピッタリの長さに調節して作成します。LANケーブルを自作して作る利便性はこういった場所に設置する場合既製品のケーブルだと長すぎたりして余ったケーブルがジャマになったりしてあまり見た目も良くありませんのでそういった場合にキレイに設置できます。

img_6005

まずは片方の端末を作成していきます。ケーブルの被覆を剥いて中の線を出してよってある線を真っ直ぐにして決まっている線の順番に並べます。

img_6007 img_6008

並べた線を整えて決まった長さに線の先端を切って整えます。

img_6009

線を整えたら端末の部品(RJ45)を差し込んで取り付けます。部品に端末の部品がちゃんと奥まで差し込めているかを確認して専用の器具を使い定着させます。

img_6010 img_6011

この時に線がちゃんと奥まで差し込めていないとLANケーブルとして通信ができなく不良品となるので、ケーブルの線の配置、ちゃんと設置出来ているかは気をつけて確認します。反対側の端末を長さを調節して同じように作り、ちゃんと使えているかを確認して作業完了です。

img_6012

diy オーダーメイドで建具を新設、手軽にできます。

diy Wifiルーターを部屋の設備として設置しました。

関連記事

  1. diy,インターネットの差し込み口の移動を行いました。

    2017.05.26
  2. LANケーブル配線

    2016.10.17
  3. diy,古くなった防犯カメラを撤去し、新しいものを取り付けました。

    2018.01.12
  4. diy Wifiルーターを部屋の設備として設置しました。

    2016.12.31
  5. diy,インターネットの差込口を移動しました。

    2017.01.26
  6. インターネットマンション外線補修

    2016.10.12
PAGE TOP