Loading

BLOG

diy,水栓の水漏れも市販のパッキンで手軽に修理できます。

今回は、洗濯機の水道の蛇口が水漏れを起こしており、こちらを修理していきます。
まずは、水が漏れているところの確認なのですが、こちらの水道を洗濯機とホースでつなぎ、蛇口をひねって水を出してみると蛇口のひねるところの根本の部分から少量ずつポタポタと水が垂れてきます。今回はこちらの水が漏れているところを修理していきます。
こういった洗濯機の水道の蛇口など生活する上で毎日使用するようなところは年数がたつと他の所に比べて劣化が早いので問題も起こりやすくなりこまめにメンテナンスしておくことが大事です。前回はこちらの修理の方法として水道の蛇口の内部に取り付けてあるパッキンを交換して修理していきます。パッキンの交換で直る場合は自分で直す場合、案外部材のコストもかからず、リーズナブルに修理を行うことができます。

まずは水道の蛇口をばらして行きます。水道の蛇口をばらす場合は、必ず水道の元栓をしめて部屋の水道の水が完全に止まっていることを確認してから蛇口を分解していきます。大体水道の蛇口の元栓は部屋の外のパイプシャフト内にあるか、玄関先の地面に水道料の計測メーターがあり、そこに水道の元栓をしめる蛇口があることが多いです。そちらの元栓の完全に閉めて部屋全体の水を止めます。

水道の水が止まることを他の水栓をひねってみて水が出ないことを確認して洗濯機の蛇口をスパナを使って分解していきます。分解する際に注意することは、前回取り付けた時にきつくネジを締めすぎているとこちらを分解しようとしてスパナを緩めた時に水道の下の取り付け部分が一緒に回転してしまい下の部分が緩んでそこから水漏れをあなたに招いてしまうことがあるのでそういったところを注意しながら分解していきます。

分解したら蛇口の部品の中に三角パッキンと呼ばれるものとコマパッキンと呼ばれる部品がそれぞれあるのでそちらを取り外します。こちらを取り外す場合に蛇口が年数が経っているものであると他の部品と癒着してしまいなかなか取り外すことができないのでラジオペンチなどを使って取り外していきます。こちらのパッキンは日本のものだと大体企画が決まっておりかなり特殊なものでない限りホームセンターなどに売っているパッキンで代用が利きます。そして取り外したパッキンと新しいパッキンと交換します。コマパッキンのゴムの部分だけを取り替える方法もあるのですがこちらのパッキンは大体年数が経つとこのパッキンを取り付けてあるネジの部分が腐食して取り外すことができなくなっている場合が多いのでその部分ごと取り変えます。

三角パッキンとコマパッキンをそれぞれ新しいものに交換したら蛇口を再び元に戻します。この時に注意することは蛇口をいちど分解したことによって新たな場所での水漏れが発生してしまうこともあるのでそういったことがないかをよく確認しながら蛇口をもとに戻していきます。

すべての部品を下に戻したら再び水道の元栓を開けて水をいちど出してみて水漏れが発生していないかを一定の時間をおいて確認してみます。一定の時間置いておく理由としては水を出した直後でなく時間差で水が漏れてくることもあるのでそういったことがないようにしばらく様子を見て水漏れがないことを確認します。そして水漏れが確認できなければ作業完了です。こういった一見業者さんに頼んで修理するものも問題が発生した大きさの程度の問題によっては自分で修理の仕方を知っておくと修理にかかる時間は短時間で修繕が可能ですし、コスト的にも安く仕上げることが可能なのでこういった室内の設備の構造や部品のサイズなどをあらかじめ知っておくとこういった時に役に立ちます。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

三角パッキンはこちら

コマパッキンはこちら

diy,ドアノブなどが古く傷んできたので塗装でリフォームしました。

diy,シリンダー錠から電子ロックキーへ交換取り付けをしました。

関連記事

  1. diy,浴室の鏡を交換しました。

    2018.11.30
  2. diy,浴室前の脱衣スペースに仕切りがない部屋でも手軽に仕切りカーテンが取り付け…

    2018.08.24
  3. センサー付きのオシャレな照明を取り付けました。DIY

    2017.03.10
  4. diy,宅内の設備のスイッチ類を新しいものに交換しました。

    2017.09.28
  5. diy,浴室のスイッチを交換しました。用途別にスイッチを使い分けます。

    2019.04.05
  6. diy,古いシャワーホースから漏水していたので新しいものに交換しました。

    2018.04.05
PAGE TOP