Loading

BLOG

diy,対面式キッチンの棚板にマホガニー風のシートを貼りリフォームします。

今回は、対面式キッチンの棚が長年使っていたせいか傷だらけになっていてそれが目立ってきているので、白い木目調のシートでリフォームしていきます。
こちらに貼る木目柄のシートは、室内の壁紙や建具の雰囲気にマッチするようにマホガニー柄の物を使って全体的に統一感を出していこうと思います。こういったところで室内の雰囲気に合わせて自由な柄を選べて使えることで全体的に統一感を出せたりするのもDIYでリフォームする利点の1つです。

まずはキッチンの棚板の傷や凹凸を平らにならしていくところから始めます。全体的にサンドペーパーをかけて表面を平らにならします。表面の痛みがひどく、傷が大きかったり表面がえぐれてしまっていたりした場合はパテを使って凹みを直していきます。こういったところを細かく直しておかないとシートを貼ったときにその跡がくっきりと出てしまうので、多少面倒な作業でも仕上がった時の完成度を高めるために手間を惜しまずに作業をしていくことをお勧めします。そしてサンドペーパをかけたら削りかすが出てシートを貼るうえでそういった物が少しでも残ったまま貼ると予想以上に跡が目立ってしまうのできちんと掃除しておくことが大事です。

表面の修復作業が終わったらシートを棚板に貼る面積よりも多少大きめにカットしておきます。こういった細長いところにシートを貼る場合は、どうしても貼っていくうちに少しズレが出てきてしまうので貼り終わった後にカットして仕上げを美しくするためにも出そう無駄な部分を作っておくと良いでしょう。

まずはシートを貼り始めるスタートの位置を決めます。今回は春部分の形状の特性上棚板の途中の部分から貼り始めていきます。途中の部分から張り始める理由としては端の部分が壁になっているのでそこから貼り始めると全体がずれてきてしまいあまり連れがひどいと木目柄が斜めになってしまうのでそういったことを防ぐためにもなるべくまっすぐ入るために途中から張り始めていきます。あとズレを防ぐためにまだ貼っていない部分もあてがってみて何かで重しをして、シート全体がズレてしまうことを防ぎます。

そして中央から端の部分でじゅんじゅんにシートを貼っていき、アールの部分はヒートガンであぶりながら、シートをのばし、徐々に貼っていきます。この時にシートをあぶりすぎたりあぶって柔らかくなったシートを伸ばしすぎたりするとシートに穴が空いてしまってそれをきれいに修正するのが難しくなってしまうのでヒートガンでシートをあぶるときは多少手間がかかっても少しあぶっては貼るところの形に合わせて貼っていって徐々に貼っていくと失敗が少ないです。またシートをヒートガンであぶった時にシートを伸ばしすぎると裏面の粘着部分が弱くなり、定着しなくなったりシートを貼ったところが一見うまく貼れたように見えても時間がたつにつれて、伸びたシートが冷えると同時にもとに戻ろうとして貼ったところにシワがよってしまい、失敗のもとになるので、貼るところの形に無理やり合わせて貼らないようにすることが失敗しないコツです。

アールの部分を貼った後は棚板の裏側で使用していくうちにシートが剥がれていくのを防ぐため、同じ木目柄のシートを上から貼り、抑えます。

そしてその他の棚板の平面の部分を貼り、棚板の端の部分もヒートガンであぶり、シートをやわらかくしながらしっかりと定着させます。

そして全体を貼った後に余分な部分を切り取りシートがしっかりと定着していることを確認したら作業完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

ヒートガンはこちら

diy,古くなり傷んできた下駄箱をカッティングシートできれいにします。

diy,キッチンの照明をLEDの物に交換しました。明るさもUPします。

関連記事

  1. diy,キッチンの収納扉を赤いシートでリフォームしました。

    2017.01.31
  2. diy,下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.04.27
  3. diy,トイレのドアに他のドアと同じ柄のシートを貼りました。

    2017.07.28
  4. diy 室内の間仕切りを塗装しました。

    2016.12.26
  5. diy,変形した幅木を新しいものに張り替えを行いました。

    2017.02.24
  6. diy,古い電子錠を取り外しL!nekeyを取り付けました

    2017.11.18
PAGE TOP