Loading

BLOG

diy,室内2ヶ所にお部屋の設備としてタオルかけを設置しました。

今回は、空室のリフォームでタオル掛けを設置していきます。タオル掛けは、案外必要なところに設置していなく、後で入居者の方が設置されることも多いのですが簡易的に取り付けられるタオル掛けはすぐに落ちてしまったり取り付けれる場所がなかったりして不便なことも多いのでお部屋の設備として設置してあると入居者の方も喜ばれます。よく、吸盤などで取り付けるタオルかけがありますがこちらは取り付け可能なところがかなり限定されるうえ、耐加重もあまり多くなく、耐加重以内の物でも使用していくうちに吸盤の吸着力がだんだんと弱くなり落ちてしまうことも多々あるので今回取り付けるようなビスで固定するものがあらかじめついていると部屋の印象も良くなります。


まずは取り付ける場所なのですが、トイレと洗面所の二箇所に取り付けていきます。取り付ける場所が決まったら取り付け方を工事する前によく考えてから取り付けた方が失敗が少ないです。例えばトイレは壁にタオル掛けを設置するのですが壁の素材が石膏ボードでできており、そのままビスを打つと使用していくうちにビス穴が広がってしまいタオル掛けごと下に落ちてしまうのでこういったものをつり下げたり置いたりするものを設置する場合は必ずビスを打つ場所にアンカーを打って固定した方が良いです。そして取り付ける高さですがこちらは平均で床から120センチの高さで取り付けられていることが多く今回もそれに習い床から120センチの高さで取り付けていきます。
トイレのタオル掛けを取り付けていきます。取り付ける場所はなるべくトイレに人が入ったときに人が接触しないような場所でなおかつ手を洗ったときに手が届きやすい場所に設置していきます。場所が決まったらビスを打つところに石膏ボードの裏側に何もなければ安価を打ってビスがすっかり止まるように前もって加工しておきます。そしてタオル掛けの土台をビスで打って固定します。次にタオル掛け本体を組み立てます。組み立ては付属してあるネジで固定するだけなのでドライバー1本あれば簡単に組み立てができます。そしてタオル掛けの土台と本体をビスでつなぎ合わせてタオル掛けが水平になっていることを確認したらトイレのタオル掛けの設置は完了です。


次に洗面台のタオル掛けを同様に取り付けていくのですが今回洗面台のタオル掛けを取り付ける場所が横の壁面ではタオルをかけたときのことを考えて設置するとあまりにも高い位置にタオル掛けが付いてしまい利便性や見た目の面であまり良くないので洗面台の本体の横にビスで固定して取り付けていきます。この時気をつける事はビスを打ち込めばその裏側は収納のスペースになっているので長いビスを使って打ち込んだ時にビスが貫通してしまい収納でものを入れたときに手を怪我する恐れがあるので必ず土台の板の厚さを前もって確認してビスが貫通しない程度の長さでかつしっかりと固定できるものを選んでそちらを使ってタオル掛けの土台を固定します。そして先程のトイレのタオル掛けと同様組み立てて設置していくのですが今回は高さをきれいに揃えたいので土台を設置する際は本体を組み合わせたときに理想の高さになるように前もって土台と本体をあらかじめあてがってみて高さをしっかりと決めてそちらにビスを打って土台を固定します。


それぞれ取り付けが終わったら多少の加重がかかっても土台が外れて下に落ちるようなことがないことを確認して作業完了です。今回取り付けたタオル掛けは作りがしっかりしていて丈夫な上デザインもおしゃれなものになっているので設備として部屋に設置してあると部屋の印象も良くなりお勧めできます。
今回コダキさんが使ったものはこちらです。

タオル掛け(TOTO)はこちら

diy,トイレのペーパーホルダーを新しく、おしゃれなものを取り付けました。

diy,新設したドアを加工し、シリンダー錠と電子ロックキーを取り付けました。

関連記事

  1. diy,トイレのペーパーホルダーに棚付きの使い勝手のいいものを取り付けます。

    2019.11.21
  2. リフォーム 洗面台交換 シャワー部分水漏れのため

    2016.08.17
  3. アコーディオンカーテン以外の部屋のDIY仕切り方法

    2017.02.24
  4. diy 洗面化粧台を新しいものに交換しました。

    2016.12.27
  5. 浴室鏡交換

    2016.09.08
  6. diy,トイレのペーパーホルダーを小物がおける便利なものに交換しました。

    2017.06.22
PAGE TOP