Loading

BLOG

diy,照明器具の交換、電源工事を行いました。

今回は、入居中のお部屋のリビングで使用しておられる蛍光灯が故障したためこちらをLEDの照明に交換したいと思います。まず従来の蛍光灯の状況なのですが、こちらは、照明をつけるときに引っ張る紐が切れてしまったため1年前紐、を交換したのですが、1年間使用して居られてやはり紐が同じように切れてしまい、確認したところ、紐を取り付ける根本の部品が古くなっており照明を点灯させるたびに紐が部品にこすれて紐が摩擦により切れてしまったものと思われます。そういったこともあり今後使用していかれる上で再び紐が切れてしまい、照明が使用できないといったことが予想され、ご不便をかけてしまうので、この際、新しい照明に交換しようと思います。


まずは古い蛍光灯の照明を取り外して行きます、こちらは電源用の電線と照明器具とが直接つながっており、こちらの電線を切り離しそして照明を固定しているビスをはずしてそうめんを取り除きます。この時に電源用の電線には電気が通っているので照明を取り外す際に電気が通ったままだと電気がスパークしてしまう可能性があるので必ずブレーカーを切ってから作業します。


照明を取り除いた後に新しい器具を取り付けるのですが従来の蛍光灯の照明が直接電線でつながっていたため天井に照明取り付け用の電源を設置する必要があるのでまずはその工事をします。
照明を取り除いた後の天井は電線を出すために開けた大きな穴が開いておりそこの部分に新しくひっかけシーリング用の電源を取り付けることができないため電線の出る位置を横にずらしてそちらに電源を設置します。もともと照明の設置用に開いていた穴は新しい照明器具を取り付けることでその照明器具で隠したいと思います。新しい電源に電線を接続し天井に固定するのですが、天井の素材は石膏ボードであるため、新しい照明を設置したときに電源が照明の重みで根元ごと落ちてしまわないように電源を設置するときにビスを打つ位置に必ずボードアンカーを設置してからビスをその位置に打ちつけます。


電源の設置が終わったらLEDの照明を設置し使用しやすい壁面にリモコンを取り付けます。従来の照明器具の跡が天井に残ってしまいこちらを新しい照明器具で隠すことができなかったのですがこちらの処理は後ほど行いたいと思います。


新しい照明を設置したら点灯確認を行い、問題がなければ作業完了です。
今回コダキさんが使った物はこちらです。

照明器具はこちら

照明用コンセントはこちら

diy, 古い電子ロックキーから新型の物に交換工事を行いました。

diy,電子ロックキーの取り換え、玄関ドアの穴の加工をしました。

関連記事

  1. diy 部屋探しで入居者はここを見ている。キッチンの照明

    2017.03.30
  2. diy,室内照明のスイッチやコンセントをコスモシリーズへ交換

    2017.11.27
  3. diy,お部屋内の通路に小型のシーリングライトを設置しました。

    2019.05.31
  4. diy,室内のスイッチを使いやすいコスモの物に交換しました。

    2019.01.31
  5. diy 新しいLED照明を取り付けました。実用性もいい感じです。

    2016.12.31
  6. diy,蛍光灯の照明からLDEの照明に交換しました。

    2017.04.29
PAGE TOP