Loading

BLOG

diy,キッチンの照明の電源工事、LED照明へ交換を行いました。

今回は、キッチンの照明を取り外し、電源工事をして新しい照明を取り付けました。こちらの照明はLEDの照明で光量も多く非常に明るくなっています。これまでの照明は蛍光灯の直管式のもので、明るさは問題なかったのですが、蛍光灯のものだと定期的に交換が必要になり、蛍光灯を買いに行ったり、取り外した蛍光灯を処分しなければいけないなど、維持していくのに非常に手間がかかるので交換の必要がないLED式の照明を取り付けます。また最近のLEDの照明は従来のものと比べて非常に明るくなっているのでキッチンに取り付けると全体が明るく見え料理も作りやすくなると思います。

まずは古い蛍光灯式の照明を取り外しそれに接続されていた電線を出しておきます。こちらの部屋は空室のリフォームで壁紙も張り替えているので壁紙を張り替えた後にこちらの交換作業をすると古い照明の跡が残るので、取り付け作業の前にあらかじめ取り外しておいて、クロスを貼り変えた後に新しい照明を取り付けます。照明から電線を取り外した際は必ず安全のために電線の部分は絶縁テープで保護しておきます。

新しく張り替えた壁紙から電源のコードを出してそちらと照明の引っ掛けシーリング用の電源を接続します。この時に電源には電線のインとアウトがあるのでこちらを間違えないように気をつけて接続します。間違えてインとアウトの同じ方向に電線をつないでしまうとブレーカーを入れた際にスパークしてしまうので危ないので必ず確認してからブレーカーを上げます。

そしてビスで天井に固定するのですが引っ掛けシーリングへ照明を取り付けると真下に負荷がかかり、取り付けが甘いと電線ごと照明が落下してしまい大変危険なのでビスを打つ下地がないところへは必ず石膏ボード専用のアンカーを打ち込み、ビスを打ちます。


電源の設置が終わったら、照明用の電源接続の部品を設置して照明を取り付けます。

取り付けが終わったらリモコンの設置と照明のチャンネル設定を行い、照明を点灯させてみて問題がなければ作業完了です。従来の照明は電源用の電線と照明の器具とを直接接続させるタイプのものでしたが今回のような脱着可能なものにすれば今後、照明を取り替えることがあっても簡単に交換することができます。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

照明用電源差込口はこちら

LEDシーリングライト(8畳用)はこちら

diy,室内の古びた柱や木部を塗装し、部屋をリフォームします。

diy,室内の照明をLEDの物に交換、明るさと利便性がちがいます。

関連記事

  1. diy,お部屋内の通路に小型のシーリングライトを設置しました。

    2019.05.31
  2. diy,玄関先におしゃれなレトロ調のLEDポーチライトを取り付けました。

    2019.10.31
  3. diy,室内の照明をLEDの物に交換しました。

    2017.11.30
  4. diy,室内用の照明におしゃれな照明を設置しました。

    2017.01.10
  5. diy 新しいLED照明を取り付けました。実用性もいい感じです。

    2016.12.31
  6. センサー付きのオシャレな照明を取り付けました。DIY

    2017.03.10
PAGE TOP