Loading

BLOG

diy,天井塗装の補修をしました。

今回、先日塗装した天井がマスキングを剥がすときに下地ごと塗料が一緒に剥がれてしまったのでその補修作業をします。

まずは補修ヶ所の確認ですが天井塗装の後に木部をホワイトに塗装した時に塗装した天井にマスキングをしたのですがそれを剥がすときに天井の下地が剥がれて天井廻りのところどころにテープの跡のようになっています。原因としては少しマスキングの粘着力が強すぎたようです。マスキングは種類がありちゃんと低粘着の物もあるので事前に調べておいたほうがよかったです。

img_6129 img_6130

まずは補修するヶ所にマスキングをしていきます。

img_6135 img_6136

次に剥がれたところを補修していくのですが補修する塗料の色としては周りの色とは若干濃いものを選んだ方が良いです。理由としては周りの塗装が何回か重ね塗りをしている場合同じ塗料を使用すると補修した個所がわかりやすくなってしまうからです。なので乾いた時のツヤの具合がにているものを選びます。

image5 image6img_6139 img_6141 img_6140

なるべく細部が塗れる筆を選び塗装していき、乾いた時に近くと遠めから見て補修したヶ所が目立たないかを確認してマスキングを剥がし作用完了です。今回は作業したてのところの補修でしたが古いヶ所の補修は多少色の選び方などが違うのでまた補修する機会に紹介します。

img_6143 img_6146 img_6145 img_6144

 

diy,空室に新しい建具を取り付けました。

diy,室内のスイッチを新しいものに交換しました。

関連記事

  1. 空室対策リフォーム塗装 玄関枠の錆止め

    2016.09.08
  2. diy トイレ周りの幅木ドア廻り塗装 効果抜群 空室対策

    2016.12.13
  3. diy,室内をリフォームするので前準備として室内の塗装作業をします。

    2018.07.12
  4. diy,部屋の表札をミルクペイントで修復

    2019.06.05
  5. diy,室内の木部をホワイトに塗装しました。

    2017.04.29
  6. diy,天井の塗装、つぎ柄を使えばきれいにムラなく仕上がります。

    2019.03.15
PAGE TOP