Loading

BLOG

diy,室内の古びた木部と天井をツヤのあるホワイトに塗装します。

今回は、空室の整備で室内の木部をホワイトで塗装する作業をしました。やはり室内を改装するにあたって、木部をそのままにしているといかにも改装した洋室のような感じが出てしまうのでそういった印象をなくすためにもこういった作業をして少しでも違和感のないような部屋作りをしていきます。そしてこれはまた別の記事で紹介するのですが、室内の収納などもホワイトに近い色で統一し、室内の木部もそれに合わせた色で統一しようと思います。このように部屋を改装する場合はその完成図を頭に入れてそれに合わせて作業を進めていくことが大事です。そしてなるべく塗装はペンキを使うので周りのものが汚れないようになるべく早い段階で塗装の作業を取り掛かる必要があります。

そして部屋を改装するにあたって、今回は壁紙を張り変える予定がないので、ペンキがついてはいけない場所もあるのでそういったところはしっかりとマスキングテープでペンキがつかないようにしっかりと養生しておきます。

まずはホワイトで塗装するにあたってそのまま白いペンキを木部に塗装してしまうと、木からアクと言う成分が出て、塗装して乾燥する段階で表面に茶色いシミが浮き出てくるのでそれを防ぐためにシーラーと言う下塗り剤を塗装していきます。こちらをあらかじめ塗装しておくとシーラーが乾燥すると塗装面の表面に薄い膜ができこちらがアクが滲み出てくるの防ぐ役割をします。そして、それとともにペンキの定着をよりしっかりさせるために必要な下塗り剤です。こちらを塗るときに塗装面が広いからといってローラーを使用してシーラーを塗ると塗装した表面全体にうまく膜ができず塗料を塗ると結局アクが出てきてしまうので、多少手間でも必ずハケを使って全体にしっかりと塗っていきます。あと塗装する際に気をつける事は、ペンキなどの塗料でも同じことが言えるのですが、厚く塗りすぎると乾燥させる段階で水滴のような垂れた跡が出てしまうので、垂れない程度の量でなおかつ全体にしっかりとシーラーが行き渡る量を見ながら塗装して行きます。

シーラーをよく乾かしたら次に白い塗料を塗装していきます。こちらの塗装は白いペンキなど明るい色だと特になのですが、いちど塗っただけでは、まだ下地などが透けて見えてしまい刷毛で塗った後なども出てしまい見た目が非常に悪いので塗料を塗っては乾かすと言う作業を3回行います。重ね塗りしていく作業は非常に手間がかかることなのですが、後々に仕上がりが悪く修正する必要が出てしまうと余計に手間がかかるのでこの段階でしっかりと塗装をきれいに仕上げておく必要があります。

1回目の塗装のときは塗り残しがあるかないかを確認しやすいのですが2回目のときは下地も白くなっているので塗り残しを確認しにくく、ついうっかり塗り残しが出てしまうこともあるので、塗装しながら塗り残しがないかを確認しながら塗装していきます。

ペンキが乾いたら塗り残しがないかをよく確認して、マスキングテープを丁寧に剥がして行くのですが塗料が分厚いとマスキングを剥がすときに塗装面のペンキごと剥がれてしまうこともあり、そうなってしまうとせっかく丁寧に塗装しても台無しになってしまうので、マスキングをした角の部分などは特に気を付けて、塗装面とマスキングの境目にカッターで切込みをいれるなど対策をしながらマスキングを剥がしていきます。そして塗装する際に取り外した部屋の部品などをもとに戻し作業完了です

今回コダキさんが使った物はこちらです。

ペンキ(ホワイト、つやあり)はこちら

シーラー(アク止め)はこちら

マスキングテープはこちら

 

diy,室内照明の電源工事とLED照明を取り付けました。

diy,古い電子錠から新しい電子錠へ交換をします。

関連記事

  1. diy,天井をホワイトに塗装しました。

    2017.01.30
  2. diy,ドアノブなど建具の部品を塗装してきれいにしました。

    2017.06.30
  3. diy,天井に穴が開いていたので補修しました。

    2017.02.17
  4. diy,和室を洋室にリフォームするので室内の木部を塗装しました。

    2017.09.20
  5. diy 大家が窓枠塗装しました

    2016.11.10
  6. diy,室内の木部をホワイトに塗装しました。

    2017.04.29
PAGE TOP