Loading

BLOG

diy,穴が空いてしまった壁を補修します。

今回は部屋の壁に空いてしまった穴の補修をしていきます。こちらは部屋の石膏ボードでできた壁に何かものをぶつけてしまったのか直径10センチ程度の穴が開いていてこちらを空室整備する際に塞ぐ作業をしていきます。
まずは補修する範囲はどの程度なのかを確認するのですがこちらは穴が開いている部分以外にもその周りがよく見るとへこんでいるので穴の周りを少し大きめに補修していく必要があります。どの程度補修する必要があるかを測ったところ大体縦横30センチ程度の補修が必要であることがわかりました。こちらをしっかりと確認しておかないと穴の廻りだけを補修して、その周りがへこんでいてそこをパテなどで補修しても後ほどここの壁紙を貼り直したときにへこみ跡は思ったよりも目立ってしまいます。

まずは補修する壁の厚みを調べてそれと同じ厚みの板を用意します。こちらの石膏ボードの厚みは12ミリです。
先ほど述べた大きさの板を用意してまずは補修する箇所にあてがい、補修する箇所が補えているかを確認します。

そして用意した板の大きさに壁をマーキングして石膏ボードをその大きさの通りに切り抜くのですが壁紙の柄があるため切り取る場所を間違えてすまないように切り取る箇所の壁紙を剥がします。

そしてマーキングした通りに、なるべく壁に垂直に壁をノコギリ(引き回しノコ)を入れてくりぬきます。

そしていちど、補修用の板をはめ込んでみて微妙に切り取りが必要な箇所も必ず出てくるので、そういったところを補修用の板が完全にはまり込むまで微調整していきます。

そして補修用の板を固定するためのビスを打ち込む木をくりぬいた壁の内側に固定していきます。こちらはくりぬいていない壁の外側からビスで木を固定するのですがこちらはしっかりと固定しないと補修用の木をはめ込む際に、抑えの木が凹んでしまっては意味がないのでビスで固定する以外にも接着剤を使って壁の内側から固定します。

そして補修用の板のビスを打ち込むところに下穴を開けておきます下穴を開ける際にビスの頭が完全に埋まりこむように下穴を開けておかないと無理にビスを打ち込むとビスが空回りしてしまうので、下穴は丁寧に加工しておく必要があります。

補修用の板を固定したら壁に凹凸がないかを確認します。そして補修した後と既存の壁が完全にフラットになるようにパテをして乾いたらサンドペーパーで慣らします

補修跡がフラットになったら既存の壁のクロスと同じものを用意して切り張りして用意したクロスを貼って作業完了です。

diy,古いイメージのあるキッチンの収納の扉をシート貼りできれいにリメイクします。

diy,トイレの天井付換気扇の交換を行いました。

関連記事

  1. 大家がお勧めするアパートのリノベーションは壁紙貼り換えから

    2016.10.24
  2. diy,壁に空いてしまった穴をdiyで補修します。

    2017.07.28
  3. diy,クロスの傷を部分的な張り替えで簡単にきれいに補修できます。

    2019.05.23
  4. 壁紙めくれ、下地直し

    2016.10.08
  5. diy,壁紙の傷を消す切り貼り補修をしました。

    2020.03.17
  6. おしゃれな壁紙をリビングへ

    2016.08.09
PAGE TOP