Loading

BLOG

diy,パネルの変色で古い印象のキッチンをカッティングシートできれいにします。

今回は空室のリフォームでキッチンの収納扉と仕切りの壁の表面をカッティングシートで、きれいにしていきたいと思います。やはりキッチンは毎日使う所ですし、いくらクリーニングでキレイにしても、表面のキズや古ぼけてきたりと、経年を隠しきれない所も出てくるので、そういったときにカッティングシートを表面に貼りリフォームすると手軽にかつ見た目も新しい印象に変えられます。またカッティングシートだと別のデザインに変更する時も手軽に変えることができます。今回は明るい木目柄のシートを貼っていきます。このシートは見た目的にも綺麗で爽やかな印象です。

まずはキッチンの収納扉を収納から取り外しカッティングシートを貼るのに邪魔な取っ手などを取り外し、シートの定着を良くするために表面をきれいに掃除します。この時特にキッチンだと収納扉の表面に油汚れが付着していることが多く、油汚れが付着したままだとシートが全く定着しないので油汚れは特に気をつけて掃除していきます。そして収納扉の大きさに合わせてシートを出そう大きめにカットしてシートを貼る枚数分だけあらかじめ準備しておきます。

下準備が終わったらシートを貼っていくのですがこの時に収納扉の表面とシートの間に気泡が入らないように気をつけながらヘラを使い、しっかりと定着させていきます。どうしても今日が入ってしまう場合はキッチンの表面に霧吹きで水を吹きかけて表面を濡らしてシートを貼るときにその水分を外に押し出すようにシートを定着させていくと気泡が入りにくいです。シートを貼るときはその後キッチンを利用するときのことを考えて剥がれやすいような場所は特に剥がれにくくするように工夫していくことも大事です。

シートを全て貼り終わったら再びキッチンの収納に取り付け取っ手なども再び元に戻し収納の扉同士がぶつからないように立て付けを調整し作業完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

diy,玄関ドアの枠の劣化をカッティングシートできれいにリフォームしました。

diy,クロスの傷を部分的な張り替えで簡単にきれいに補修できます。

関連記事

  1. diy,室内のドアにシートを貼りリフォームしました。室内に統一感がでます。

    2018.05.25
  2. DIY キッチンパネルの角を補修してからのカッティングシート

    2016.09.05
  3. diy,キッチンにセンサー式のライトを設置しました。

    2017.05.31
  4. diy キッチン収納の下の床を修復しました。

    2016.12.25
  5. 室内ドアの修繕方法 (傷の修復)

    2017.07.07
  6. diy,室内のドアをカッティングシートで明るい印象にリフォームします。

    2018.08.10
PAGE TOP