Loading

BLOG

diy,ドアノブなどの建具部品をドアの雰囲気に合わせて色に塗装してリフォームします。

今回は空室のリフォームで室内のドアノブ、蝶番、その他建具に関わる部品の塗装をしました。

やはり普段使うことが多いところですので傷や汚れ等が相当目立ってきていてせっかくリフォームをしてもこういったところが目についてしまうと他のところがきれいになったとしてもこういったところで印象がマイナスになってしまいます。

これではもったいないので塗装をしてきれいにしていこうと思います。

今回はドアを木目ホワイトのシートを貼ってリフォームをするのでドアの色に合うようにドアノブなどの部品はブラックに塗装していこうと思います。

今回は、スプレー塗料だけではどうしても使用していくうちにドアのラッチ部分などの塗装面が他の部品と接触してしまうところは塗料が剥げてしまうのでそれを保護するために液体フィルムと呼ばれる塗装面を保護する役割を果たす物を仕上げに塗装します。

今回はブラックに塗装するのでブラックの液体フィルムを用意します。

まずは塗装していく部品などを全て建具から取り外して行きます。

その際に部品によっては薄い金属でできているところもあるので取り外すことによって傷や変形があるといけないので慎重に取り外していきます。

また取り外す時に出たビス等も再び取り付けた時にこちらが塗装されていないと目立ってしまうのでビスも頭の部分もブラックに塗装していきます。

部品を全て取り外し終わったらまずは塗装する部品のゴミや汚れ等を全てきれいに拭き取って行きます。

この時に気をつけることは、拭き取る時に汚れが落としやすいからといってアルコールを使って汚れを拭き取ってしまうと乾いた後でもその後塗装するときに塗料が定着せず塗装面が剥がれやすくなってしまったり、汚くなってしまうので汚れを拭き取る際はアルコールの入っていないウェットティッシュや水を含ませた雑巾などで拭き取ると良いでしょう。

また蝶番の可動部分などもともと意図的に潤滑油が塗布してあるところは掃除するときに油を拭き取ってしまわないように気をつけ、上から塗料がついてしまわないようにマスキングテープで保護しておきます。

すべての部品をきれいに掃除し終わったら塗装しやすいように板などに固定していきます。

この時に塗装する面が隠れてしまわないように気をつけながら板に固定していきます。

また固定する際は塗装の途中で落ちてしまったり、屋外で塗装するため風などで部品が動いて塗装面同士がひっついてしまわないようにしっかりと固定をします。

塗装の下準備が終わったらなるべく風のない日を選んで周りに迷惑がかからないようなところで塗装をしていきます。

まずは塗料をしっかりと定着させるためにプライマーと言う下塗り剤を塗装していきます。

こちらのプライマーはいわば塗装する部品と塗料とをしっかりと接着させる接着剤のような役割をします。

次にベースとなるブラックの塗料を塗装していきます。

こちらを塗装する理由としては後に液体フィルムのブラックだけでは塗装するドアノブなどの部品にしっかりと色が定着せず仕上がりの色にムラができてしまうのでそれを防止するためにベースとなる色を塗装していきます。

ブラックの塗料を塗装し終えてよく乾かしたら最後に液体フィルムのブラックを塗装します。こちらが最後の塗装になるのでムラがないようによく確認しながら塗装していきます。

すべての塗料を塗装してよく乾かしたら再び建具に取り付けていくのですがこの時に塗料の乾燥が不十分だと指紋等がついてしまうので十分に塗料を乾かしておく必要があります。

すべての部品をつけ終えたら建具の建て付けを確認して少しおかしいところがあれば建具の建て付けを調整して作業完了です。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

金属用プライマーはこちら

スプレー塗料(ブラック)はこちら

液体フィルムスプレーはこちら

diy,キッチンの収納の扉をシートできれいにリフォームします。

diy,室内のドアにシートを貼りリフォームしました。室内に統一感がでます。

関連記事

  1. 空室対策リフォーム塗装 玄関枠の錆止め

    2016.09.08
  2. diy キッチンの収納扉取っ手にスプレー塗装をしました。

    2016.11.23
  3. DIY塗装 下地剤を黒に変更 (ハンドルレバー)

    2016.09.04
  4. 建具取手塗装 シングルレバー

    2016.09.22
  5. diy,和室の天井を塗装してきれいにリフォームします。

    2019.06.27
  6. diy 塗装 (天井)

    2016.11.21
PAGE TOP