Loading

BLOG

diy,室内の照明をLEDの物に交換しました。

今回は部屋に設置してある古い照明を取り外し電源を照明用のひっかけシーリングの専用の電源を取り付け、新しいLEDライトの照明を取り付けました。
今までついていた照明は直管の蛍光灯の照明でしたが、こちらを交換します。

従来の蛍光灯の照明ですが、こちらはやはり蛍光管が寿命があり、こちらを交換するのにはまず蛍光管の交換と点灯管を交換する必要があります。これにより費用のこともあるのですが、交換する手間もかかります。またこの2つの交換の時期を同時にしないと、照明が切れたときにどちらが悪くなっていいのかがわからず、無駄に交換の費用がかかってしまうことがあります。なので今回はそういった手間を省くためにもLEDの照明を取り付けます。

古い機器の取り外しが終わったら、古い照明が電線と直接つなぐタイプのもので取り外した時に電線がむき出しの状態であれば、照明用の電源を電線に取り付け天井に固定します。この際に気をつける事は、電源にはインとアウトがありそちらの接続を間違えると電線がスパークしてしまうので必ずインとアウトを確認し電線を接続させます。電線を繋いだら天井に固定するのですがビスが効いていないところに水を打ち込むと照明をつけたときに落ちてしまいますので、必ずビスが効いているかを確認して取り付けます。もしビスが効いていないところに取り付ける必要がある場合は、天井にアンカーを打ち込みそこにビスを打ち込みます。
電源を取り付けたら次に本体を取り付けます。

引っ掛けシーリングの電源を取り付けてあれば、照明本体の取り付けは容易にできます。まずは照明の電源の大元を先ほど取り付けた引っ掛けシーリング用の電源に接続し照明本体をコードでつなぎ、天井に固定します。この際、照明本体が中途半端に付いていて斜めに傾いていないかをよく確認しておきます。照明によっては地震を感知する機能が付いているものもあるので斜めになっていると警報がなってしまうものもあります。今回は同じ部屋に2つの照明の取り付けが必要で、同じものを取り付けるので、リモコンで操作するときに点灯させるつもりのない照明まで反応してしまわないように、機器の取り付けの際にチャンネルを切り替えておきます。すると誤反応することもなくなります。

照明を取り付けたら、付属のリモコンを使いやすい位置に設置し、点灯確認を行い作業完了です。やはりLEDだと点灯するまでの時間もかからず、一昔前の物と違いLEDの照明の明るさも格段にアップしていて、明るさの段階も細かい調光が出来るので使用する便利さが格段に違います。

今回コダキさんが使ったものはこちらです。

LEDシーリングライトはこちら

diy,キッチンの照明をLEDの物に交換します。明るさと使いやすさがUPします。

diy,室内を洋室にリフォームしました。それに合わせて建具を洋風の物に交換しました。

関連記事

  1. diy,室内の照明をLEDの物に交換しました。

    2017.11.30
  2. diy,キッチンにセンサー式のライトを設置しました。

    2017.05.31
  3. diy,室内の古い照明をLEDの照明に交換します。

    2019.11.29
  4. diy,隣同士の2つの部屋に同じ照明を取り付けるため照明のチャンネルをわけて取り…

    2018.03.29
  5. diy,お部屋内の通路に小型のシーリングライトを設置しました。

    2019.05.31
  6. diy,キッチンの照明をLEDの物に交換しました。明るさもUPします。

    2018.06.26
PAGE TOP