Loading

BLOG

diy,丸ノブ式の玄関ドアを加工してレバーハンドルを取り付け、電子ロックキーを取り付けました。

今回は、玄関ドアの。丸ノブ式のドアを加工し、レバーハンドル式のドアノブを取り付け、そこに電子ロックキーを取り付けていきたいと思います。まず、丸ノブ式のドアへは電子ロックキーを取り付けることができません。その理由としては、電子ロックキーを固定するのに、シリンダー錠を利用して電子ロックキーを固定するのと電子ロックキーを動かす部品がレバーハンドル式のものに対応した部品の形状をしているため。丸ノブ式のものには取り付けることができません。そこで、ドアを加工して。丸ノブ式のドアハンドルからレバーハンドル式のものに交換をしてその後に電子ロックキーを取り付けれないかと考えました。今回のケースははじめてなのでこの機会に取付方法を確立してしまえば今後、このようなときに取付方法として役に立ちそうです。


まずはハンドルレバーのものに取り替えが可能なのかを調査していきます。現在ついている丸ノブハンドルの位置や大きさを確認しその上でレバーハンドル式のものを取り付けるとどのようなサイズの違いが出るかを確認しておきます。こちらをまず調査しておく理由としては、実際に取り付ける時に加工の途中でやはり取り付けが不可能であったと判断されると加工途中のドアは元に戻せなくなるのでそういったことがないように取り付けるシュミレーションをしながら調査して取り付けれるかどうかを判断します。この時にどうやって取付を行うかをしっかりと確認しておかないとドアを穴を開けるなどを行ってからだと別の方法をとることが難しくなってしまうこともあるので、どういった場合に取り付けが難しくなるのかを重点的に調査し、解決方法を同時に見つけながら調査していきます。そして現在ついている玄関ドアの厚みがレバーハンドル式のドアノブの部品を収めるのに十分な厚みがあるかを確認します。今回は、現在ついているドアノブのドアの縁からの距離とレバーハンドル式のドアノブのドアの縁からの距離が違い、そのままレバーハンドル色をドアを加工して取り付けると現在ついているドアノブの穴がはみ出てしまうのでそれを隠すためのプレートを作成し取り付ける必要があります。そして、そのプレートをどのくらいの大きさで作ったらいいかを確認しておきます。


次に、取り付ける下準備として既存のドアノブの穴を隠すためのプレートを作成していきます。先ほど測った大きさを考え、十分に既存の穴が塞がるような大きさのものを用意し、ドアノブとシリンダーを取り付けるための穴をあらかじめ空けておきます。プレートは、玄関に取り付け雨風にもさらされるものなので選ぶ素材としてはなるべくサビにくいものを選ぶ必要があります。そしてセキュリティー上の問題もあるのでなるべく硬いものを選ぶことが必要です。計測した通りの大きさにプレートをカットしドアノブとシリンダーを取り付けるための穴を開けます。こちらの穴は少しでもずれるとシリンダーを取り付けることができなくなったり、取り付けた時に開けた穴がはみ出てしまうこともあるので慎重に穴の位置がずれないように加工していきます。そしてプレートを雨風などから保護するためにビニール製の粘着シートを貼り付けて表面をきれいにしていきます。今回は、ドアが青い色をしたドアなのでプレートも青いカッティングシートを貼りました。


そして次に、玄関ドアの加工に取り掛かっていきます。現在取り付けてあるドアノブを取り外して新しくレバーハンドル式のバックセットがドアの内部に入るように側面の穴を広げていきます。今回のドアは表面は金属の板で覆われているのですが中は木材が色詰まっていてこちらも加工して穴を広げていく必要があります。まずドア側面の金属部分をグラインダーなどを使ってカットしていきます。この時にグラインダーのはが金属を切っている時と木材を切っている時との負荷が違って、急にグラインダーのはが下に持っていかれることがあり非常に危険なのでしっかりとグラインダーを固定しながら切っていきます。そして、表面の金属部分を取り除き中の木材を少しずつ削って穴を広げていきます。この時に、バックセットが入る大きさギリギリにすると電子ロックキーのコードを通す穴の余裕がなくなるので多少深めに穴を掘っていきます。穴が十分な大きさになったら次に前もって作成しておいたプレートをドアの表と裏に取り付けます。今回取り付けるドアの表面はでこぼことした表面になっていてそのままプレートを取り付けたら雨などの水分がドアとプレートの間に入り込んでしまう恐れがあるのでプレートを取り付けるときはコーキング剤など防水のものを裏に貼り付けてからプレートを取り付けます。そして、あらかじめ開けておいたシリンダーとドアノブの穴がずれたところに行かないように、しっかりと取り付け位置を確認し、慎重に取り付けていきます。そしてドアにもプレートの位置と同様のところに穴を開けます。


そして次に電子ロックキーを取り付けていきます。ここまで加工すれば電子ロックキーの取り付けは特別なことをしなくても従来の取り付け方法で取り付けることができます。まずは外側のタッチパネルの機械をドアに固定していきます。そして、外側の機械の中にシリンダー錠を設置し、シリンダーでの鍵の開け閉めができるかどうかを確認します。この確認はこの段階でやっておかないと後になってからこちらの不具合が発覚した時は初めからやり直しになってしまうので時間のロスを防ぐためにもこの段階でやっておきます。そして玄関の内側の機械にオートロック用のセンサーなどを取り付けてドアに設置していきます。そして、ドアノブを取り付けて電子ロックキーの取り付けは完了です。


次に鍵をかけるドア枠の穴のプレートを加工して取り付けていきます。こちらも玄関ドアと同様、従来付いていたものが小さく、穴を広げて新しいプレートを取り付ける必要があるので、まず表面の金属部分をプレートを取り付ける大きさにカットしていきます。そしてこちらのドア枠は内部がモルタルで固められていたのでこちらを振動ドリルなどを使ってモルタルを削って穴を広げていきますこの時にプレート固定するビスを打つ必要があるのでその内側にモルタルがあったらビスがうてないのでそちらも削っておきます。そして取り付けるプレートもそのまま取り付けるとプレート自体の形状が本来こういったドア枠に取り付けるようにできていないので1ミリほど外に浮いてしまうのでプレートを加工してなるべくフラットな状態でプレートが取り付けれるように加工していきます。細かいことですがこういったところが後々玄関ドアの不具合につながっていくることが多いのであらかじめそういった不具合が発生するのを防ぐためにも未然にこういった時に加工しておきます。そして、プレートは使っていくうちにだんだんとぐらつきが発生してくることがあるのでそういったことがないようにしっかりと固定しておきます。


プレートが固定できたら電子ロックキーのセンサーをドア枠に取り付けてしっかりと鍵の改造ができるかどうかを確認し、電子ロックキーの設定を行い作業完了です。今回の取り付けはかなり特殊なケースでしたが、前もって調査をしっかりしておけばこういったように加工して取り付けることができる場合があります。


今回コダキさんが使った物はこちらです。

電池(エボルタ)はこちら

diy,空室の整備で天井を塗装しました。

diy,室内の古くなったスイッチを交換し、コスモシリーズで統一しました。

関連記事

  1. diy,シリンダー錠から電子ロックキーへ交換取り付けをしました。

    2018.10.26
  2. diy,玄関ドアの塗装の剥げた部分を補修しました。

    2018.08.17
  3. diy,変形した幅木を新しいものに張り替えを行いました。

    2017.02.24
  4. diy,木製の引き戸に電子ロックキーを取り付けます。

    2017.06.22
  5. diy 電子錠の中身のシリンダーの交換をしました。

    2016.12.27
  6. diy,電子ロックキーの取り換え、玄関ドアの穴の加工をしました。

    2017.09.08
PAGE TOP