Loading

BLOG

diy,キッチンの収納の扉にシートを貼り、リフォームしました。

今回は、空室のリフォームで従来のキッチンの収納の扉のパネルの色が濃いめの色で暗い印象があるので明るい印象のキッチンにしたく、白い、木目柄のシートを貼り、さわやかな印象を受けるものに仕上げていこうと思います。
重厚感のあるキッチンも悪くは無いと思いますがやはりキッチンは毎日使うところなので、こういったところを、きもちが軽くなるような空間に変えると毎日も楽しくなると思います。あと、こちらの部屋のリフォームを全体的に白を基調に仕上げていこうというコンセプトもあるので全体を統一するためにもこういったところをリフォームして行きます。一部分だけ違う感じの色合いのところがあるとそこが目立ってしまい、部屋全体の統一感がなくなってしまいます。


まずは、今付いている収納の扉を全て外していきます。扉を外す際に扉の取っ手や包丁刺しなどの付属部品も合わせて外し保管しておきます。扉を外す際は扉のパネル自体が結構重いので外した時に何かの拍子で他の物を傷つけてしまわないように気をつけながら扉を固定しているビスを取っていきます。


扉を全て外し終えたら表面を全て、油汚れ用の洗剤を使って洗い表面をきれいにします。キッチン周りの物はけっこう目に見えない油汚れが付着していたりゴミが付着しているのでそういったものを見落としてシートを貼る作業に取り掛かると油でシートが定着しづらく、シートを貼った後に剥がれてきてしまうのでそういったことを防ぐためにもこういった下準備をしっかりとしておきます。


パネルを全て洗浄し終わったら、よく乾かしてシートを貼る準備を行います。シート張りやすくするために実際に貼る面積よりも10センチから15センチ位大きめにシートをカットしておきます。シートをサイズにカットするときに木目柄の縦と横を間違えないように気をを付けてカットしていきます。今回のような木目柄に限らず模様の入っているシートは必ず縦と横とがあるので、その柄が明確でないものは実際に貼る部分に一度あてがってみてからカットしていきます。
下準備が終わったらシートを貼る作業を開始します。シートの粘着面を15センチ位めくり張り始めるところをしっかりと決めておきます。こうしないとシートを貼っていくうちにだんだんずれてきてしまい斜めになってきてしまうことがよくあるのでこういった木目などの柄があるものは縦と横をしっかりと決めて貼り始めていきます。
パネルの平面の部分を貼り終えたらパネルの端の部分のアールになっているところを貼っていくのですが、くぼんでいるところなど粘着面が定着しづらいところをヒートガンを使い、シートあぶりながら貼っていきます。くぼんでいるところに粘着面を貼るときはこういった作業をしないと貼った直後はシートが定着しているように見えてもだんだんと時間が経つにつれ粘着面がはがれていくのでそういったことを防ぐためにもシートを柔らかくし、粘着面をしっかりと定着させます。そしてシートを貼ったら余分な部分をカットしていきます。


そしてキッチンの収納パネルの扉の間にある部分に同じ白色の木目柄のシートを貼っていきます。こちらは収納の扉のパネルと違い取り外すことができないので雑巾などで油汚れをきれいに落とした後にシートを貼っていきます。


すべての部分にシートを貼り終えたら収納パネルをもとに戻していきます。この時によく扉の立て付けが悪くなっていることがあるのでそういったところを調整して直しながら元に戻していきます。建て付けを全て直したら取り外した時に保管していた部品を下に戻し作業完了です。


今回コダキさんが使った物はこちらです。

カッティングシートはこちら

ヒートガンはこちら

diy,室内の敷居やドア枠を塗装し傷の補修をしました。

diy,傷だらけになった対面式キッチンの棚板をシートを貼り補修しました。

関連記事

  1. diy,キッチンにセンサー式のライトを設置しました。

    2017.05.31
  2. diy,お部屋の家具などの表面のプリント面の剥がれやかすれも簡単に直すことができ…

    2017.07.26
  3. diy,古い印象のトイレドアをカッティングシートで明るくリフォームします。

    2019.04.19
  4. DIY キッチンパネルの角を補修してからのカッティングシート

    2016.09.05
  5. diy,古いキッチンの収納の扉をきれいに加工していきます。

    2017.06.09
  6. diy,対面式キッチンの棚板にマホガニー風のシートを貼りリフォームします。

    2018.06.21
PAGE TOP