Loading

BLOG

diy,ドアの鍵の部品の故障が発生したので交換を行います。

今回は、玄関ドアのドアノブやラッチなどのバックセットの故障が発生したのでこちらを交換する作業を行います。こちらのドアには電子ロックキーが取り付けてあるのですがこちらを開ける操作をしても鍵がうまく開けなくなっていたので原因を追求したところ、玄関ドアのバックセットのデットボルト部分に異常が見られました。こちらの鍵がかかる時にデッドボルトがカマのように爪が飛び出す仕組みになっているのですがこちらの動作がうまくいっていないようで鍵を開けるときに素直にこちらのカマ状の部品が飛び出しすぎてうまく引っ込まなくなっていました。


こちらをなんとか修理できないかと試行錯誤していたのですがやはり玄関の鍵と言うことでセキュリティー上の問題もあり確実に鍵が閉まるようになっていないと問題があるのでこちらの部品を交換します。
まずは、それぞれの部品を取り外すために電子ロックキーを最初に取り外します。電子ロックキーを取り外す際は小さいネジ等の部品が何点かあるので再び元に戻すときになくなっていないように部品はわかるところに一ヶ所にまとめておきます。案外こういった作業をしているとそういったところに気が回らなくて、後々困ってしまうことが多々あるので、無駄な時間を短縮するためにもこういったところをしっかりと気を使って作業します。
そして次にバックセットを取り外します。一般的な玄関ドアの鍵のバックセットはドアノブとドアのラッチと一体になっているものが多いです。こちらの部品を取り外してみてバックセットが収まる隙間、ドアの穴の位置を綿密に継続してそちらにぴったりと合うものを用意します。こちらのサイズが合っていないと使用していくうちにバックセットの部品がずれてきたりしてセキュリティー上に問題があるのでこちらはしっかりと取り付けれるものを用意します。


取り付けを行っていく途中で何かサイズ的に窮屈なところとかあると取り付けた後にシリンダーやドアノブの動きが悪かったりするのでそういったことがないように鍵のデッドボルトやラッチの動きに気をつけながら設置していきます。
そして再び電子ロックキーを取り付け、鍵がしっかりかかるか、ドアを閉めた際にデットボルトやラッチがドア枠の穴にちゃんと収まっているかを確認します。そして電子ロックキーの操作をしてみて問題なければ作業完了です。やはり、入居中にこういったことで問題が起こると緊急事態に発展してしまうのでそういったことを防ぐためにも未然にこういった問題を防いでおくことが大事です。

 

diy,和室を洋室に改装するため、室内の木部を塗装しました。

diy, 古い電子ロックキーから新型の物に交換工事を行いました。

関連記事

  1. diy,ドアベルの線を延長し、最適な場所へテレビモニターフォンを設置します。

    2018.03.30
  2. diy,玄関備えつけの下駄箱をカッティングシートできれいにリフォームしました。

    2018.09.28
  3. diy,玄関ドアのドアスコープを交換しました。

    2017.04.24
  4. diy,古びた室内の木部を塗装できれいにリフォーム

    2017.12.28
  5. diy,電子ロックキーから通常のシリンダーに戻す工事をしました。

    2017.07.31
  6. 大家オススメの玄関床タイル模様替え

    2016.10.31
PAGE TOP