Loading

BLOG

diy,便座を交換し、シャワートイレに交換しました。

今回は、空室のトイレの便座をシャワートイレに交換する工事を行っていきます。空室を内覧されるお客様の中でこちらのシャワートイレが付いているかどうかを見られるお客様は意外と高い割合でおられるので空室をリフォームされる際はこちらを確認して置かれると良いです。

まずは古い便座の取り外しとシャワートイレ用のホースを設置するために水道管を分岐させる工事を行っていきます。こちらの工事をする前に必ず水道の元栓が閉まっているかも忘れずに確認しておくことが大事です。特に水回りの工事をする際は工事をする部屋が2階より上の場合もし水が漏れてしまったときに下の階に漏水の影響が出てしまうこともあり、そうなってしまうと復旧するのにかなりの手間やご迷惑がかかってしまうので、そういったことのないように後の事も考え、十分気をつけながら作業をして行きます。


まずは水道管を分岐させるために、便器のタンク横のストレーナーを取り外し、水道管の分岐用の金具を取り付けます。
そして取り外した水道管を再び取り付けるのですが、分岐用の金具を取り付けたためにストレーナーのサイズが合わなくなるのでサイズを合わせるために余分な部分をパイプカッターを使って切り取ります。そして再びストレーナーを設置し水漏れがないように気をつけながらしっかりと止めていきます。この時にストレーナーのボルトを閉めた時、タンク内の止水栓やその他の部品の位置がずれてしまうこともあるのでボルトを閉めた後は必ずタンクの中を確認しておきもしずれていたら正常な位置に戻しておきます。こちらをちゃんと確認しておかないと、設置後に、タンクの水を流した時タンク内で止水栓が引っかかり水が止まらなくなることもあります。


次に便座を交換していきます。まずは古い便座を取り外していくのですが、取り外し方がメーカーにより違うので便座カバーの構造を取り外す前によく確認しておく必要があります。メーカーによっては取り外すためのビスやネジの頭がカバーにより隠れていることもあるのでそういったものがないかよく確認しておかないと無理矢理取ってしまって逆に部品が取り外せなくなることもあります。
便座を取り外し位きれいに掃除したら新しいシャワートイレ用の便座を取り付けていきます。こちらは便座の前後が調整できるようになっており便座にしっかりフィットしなおかつカバーを開けても問題がない日をよく確認し、ネジで固定していきます。


便座を取り付けたら水道管から先ほど分岐したホースと便座とをつないで再び水道の元栓を開けて水漏れしていないかをよく確認します。この時しばらく時間が経ってから水漏れしてくることもあるので水漏れ確認は出そう時間をかけて確認する必要があります。便座の電源を入れて操作に問題がないかをひと通り確認し、作業完了です。
今回コダキさんが使った物はこちらです。

シャワートイレはこちら

diy,電子ロックキーから通常のシリンダーに戻す工事をしました。

diy,モニターフォンの取り換え、ドライバー1本で交換できます。

関連記事

  1. diy,新設したトイレに新しいドアを取り付けます。

    2018.04.18
  2. diy,トイレの便座にシャワートイレを設置します。

    2017.06.22
  3. diy,壊れた洗浄便座の交換を行います。

    2017.05.12
  4. diy 大家が勧めるペーパーホルダー棚付きへ交換 商品リンク付き

    2016.10.31
  5. diy,トイレのドアストッパーをフラット式の見た目のスッキリしたものを取り付けま…

    2018.02.28
  6. diy,故障している換気扇の交換をしました。

    2017.06.14
PAGE TOP