Loading

BLOG

diy,ダブルシリンダーのドアに電子ロックキーを取り付けました。

アパートの玄関ドアに電子ロックキーを取り付けました。

こちらのドアシリンダーはダブルシリンダータイプで、シリンダーが2つついているタイプのドアになります。

こちらを取り外し、電子ロックキーを取り付けていきます。

こちらのドアのシリンダーがついている位置が通常の一般的なシリンダーのついている位置より1センチほど外側についており、鍵の型番的には電子ロックキーの取り付けには問題がないのですがドアとドア枠の形状によりそのまま取り付けてしまうとオートロックにするときのセンサーが扉を閉めたとき、ドアの内枠と電子ロックキーの本体についているセンサーがぶつかってしまいセンサーが破損する可能性があります。

そのためセンサーを取り付ける位置を少し改良する必要があります。

本来の取付方法では電子ロックキーに取り付けるオートロックセンサーは機器の内機にコードで接続し、電子ロックキーの外部に出してドアに粘着テープで取り付けるのですが、今回はそのスペースがないのでセンサーの部品の一部を取り外し、電子ロックキーの内機に貼りつける形で取り付けます。

ドアの形状に合わせて機器の取り付けによる不具合に対応していく必要があります。

そしてこれも取り付け前に確認するべきことなのですが、取り付けてあるシリンダーキーの内部が電子ロックキーのコードが通る隙間があるかどうかを確認しておきます。

今回はドアの中の空間が少ししかなく、取り付けてあったシリンダーキーにぴったりのサイズで取り付けてあったのでこちらのシリンダーキーの取り付けてあったドアの中身をコードを通すときに線が圧迫されないように線の通し方を考えながら通していきます。

電子ロックキーの取り付けの下準備が終わったら本体を取り付けていきます。

まずはタッチパネルのついている外側の機器を取り付けていくのですが、先程も記載したようにドアの内部を通すコードのルートが少しシビアなため、取り付けの段階で問題が発生しないように気を付けて取り付けていき、シリンダーと内側の機器を取り付けるための座金で外側の機器を挟み込んで動かないように固定していきます。

そして内側の機器を先ほど加工したセンサーの位置やコードが挟まらないように気をつけながら取り付けをしていきます。

この時ほんのわずかではありますが、本来機器の内部に収まるはずのコードが外に露出してしまうので今後電子ロックキーを使っていく上でそういった場所が原因で故障が発生してしまわないように露出しているコードを保護するものを巻きつけてコードが傷ついたり切れてしまわないように対策します。

そしてドア枠にオートロック用のセンサーを取り付けるのですが今回は特殊な付け方ですのでドアを閉めたときにちゃんとセンサーが働くかを確認して取り付ける位置を微調整しながら取り付けます。

こちらも、今回電子ロックキーのセンサーの位置が特殊な場所への取り付けのため、センサーの位置を決めて固定してしまう前にちゃんと反応するかを確認してから設置していきます。

すべての取り付けが終わったら電池を入れて動きの確認、各機能の確認、設定を行い何回か電子ロックキーを作動させてみて問題がなければ作業完了です。

電子ロックキーを取り付ける際に使用する電池ですが何回も繰り返し使うことと部屋の鍵というセキュリティー状、大事なものに使用する鍵ですのでなるべく長持ちをしてパワーの強いものを選ぶこと

そして電子機器を動かすための電池は、電池が液漏れをすると機器の故障の原因になるので最近は電池からの液漏れを防止する電池も出てきたのでそちらの電池を使用することをお勧めします。

今回コダキさんが使った物はこちらです。

単三電池(エボルタ)はこちら

diy,ドアベルの線を延長し、最適な場所へテレビモニターフォンを設置します。

diy,古いシャワーホースから漏水していたので新しいものに交換しました。

関連記事

  1. アパートの玄関の鍵は電子錠です。 (交換)diy

    2016.11.23
  2. diy,電子ロックキーから通常のシリンダーに戻す工事をしました。

    2017.07.31
  3. diy,新設した木製の引き戸に電子ロックキーを取り付けます。

    2018.11.10
  4. 玄関の鍵(電子錠)トラブル対応 鍵屋さんにおねがいせずにdiy

    2016.11.10
  5. 電子錠取り付け

    2016.10.08
  6. diy,電子ロックキーの取り付け、取り付けができないところでも工夫の仕方で対応す…

    2017.06.09
PAGE TOP