Loading

BLOG

diy 壁紙の選択も空室対策に効果的

今回の空室整備で室内全部の壁紙(クロス)の張り替えを行いました。クロスの減価償却は7年といわれていて、物(建物・クロス・設備)の価値は年数が経過すれば価値や品質は減っていく事を経年劣化(経年変化)といい、その対象の物(建物。クロス・設備)には耐用年数があり使用年数により価値が変化していきます。

まずは古いクロスを剥がしていきます。古いクロスだと物や下地によっては剥がすのにもだいぶ苦労します。

img_5262img_5264

クロスを剥がし終わったら下地に割れているところやくぼみ等がないかをチェックしてそういったところはパテで慣らしてサンドペーパーでフラットにしていきます。一見して問題がなさそうなところでもクロスを張ってみるとその跡を拾ってしまい目立ってしまうので注意して修復していきます。

img_5268 img_5267

クロスを張る準備ができたら天井から張っていきます。

img_5263

次に壁面を張ったら完了です。今回各部屋の壁面の一面にワンポイントで他の面とは違う色のクロスを張っています。一面の色を変えることで全体の印象もかなり違って見えます。替える色は他の壁面が明るめの色でも大胆に濃い色や柄のあるクロスを使ってみても全面だと柄や色によっては圧迫感を与えてしまうかもしれませんがワンポイントだとよいと思います。

img_5547 img_5552 img_5551 img_5550 img_5549 img_5548

 

diy キッチンの照明 安いの見つけました。

diy 空室対策効果抜群 玄関ドアの廻り縁を塗装

関連記事

  1. diy,壁に空いてしまった穴をdiyで補修します。

    2017.07.28
  2. おしゃれな壁紙をリビングへ

    2016.08.09
  3. 大家がお勧めするアパートのリノベーションは壁紙貼り換えから

    2016.10.24
  4. diy,壁紙の傷を消す切り貼り補修をしました。

    2020.03.17
  5. 壁紙めくれ、下地直し

    2016.10.08
  6. diy,クロスの傷を部分的な張り替えで簡単にきれいに補修できます。

    2019.05.23
PAGE TOP