Loading

BLOG

diy,和室の押し入れを洋風のクローゼットにリフォーム、ネット注文で簡単にできます。

今回は、空室のリフォームで、和室の押し入れを洋風のクローゼットに改装する工事を行いましたこちらの部屋は畳の床を改装しフローリングの床になったのでそれに合わせて部屋にあった押し入れを洋風の室内の雰囲気に合わせて折れ戸式の扉をとりつけ、押入れの中にハンガーがかけれるようにハンガーパイプを取り付けました。やはり、洋風の部屋に改装したので収納の部分だけ襖の収納スペースになると雰囲気がなくなってしまいます。こちらのクローゼット用の扉は以前にも何回か記事でご紹介したことがあるのですが取り付ける建具の枠のサイズを測りインターネットで注文するだけで特注のクローゼットの扉を作ることができます。そして、収納の中もクローゼットなのでハンガーがかけれるようにパイプを取り付けていきます。

まずは古い襖を取り外して行きます。そして建具のサイズを測るのですが、建具のサイズを測るときは年数のたった建具はよく、上下左右のサイズが数ミリずれていることがあるのでサイズを測るときは上、中段、下、そして、縦の左右を測ってその中間値を出して注文するとサイズに関しての失敗はなくなります。
そしてクローゼットの扉が届く前に、ハンガーパイプを取り付けていきます。ハンガーパイプは、パイプとそれを固定する止め金具で取り付けるのですが、収納の壁はベニア板でできていてそのまま取り付けると使用していくうちにハンガーパイプを止めたネジがしっかりと固定できていないので|が外れたりして落下し収納していたものが傷ついたり使用者が怪我をする恐れがあるのでしっかりと固定する必要があります。そしてこちらの収納は少し横幅が長く一般的に販売しているパイプの企画の長さでは少し寸足らずでした。なので|をしっかりと固定する目的も兼ねてベニヤ板とパイプを固定する金具の間にしっかりとした木材を使用し間にかませ固定したときの強度を増す作業を行います。まずは木材を加工して間にかませる部品を作っていきます。部品はボルトで固定できるよう、下穴を開けておきます。そして収納の中のベニヤ板を取り付ける位置を出してそちらにボルトの受け口となるアンカーを打ち込んでいきます。こちらの取り付け位置がずれているとハンガーパイプを取り付けたときの平行がしっかりと出ずアンバランスになってしまうので取り付け位置は気をつけて出していきます。

次に先ほど作った木材の部品をアンカーでボルトで固定していきます。この時強く締め付けても木材が変形しないようにあらかじめ開けておいた下穴の中にワッシャーを入れ込んで、木材が変形してしまったり割れてしまうことを防ぎます。部品の取り付けが終わったら次に片方だけに|を固定する金具をネジ止めしていきます。
そしてパイプの長さを微調整して余分な部分をパイプカッターを使ってカットしていきます。この時、パイプを多く切りすぎてしまうとまたすん足らずになり取り返しがつかなくなってしまうので多少長めに切って少しずつ微調整して長さを整えていくと失敗がなくなります。そしてもう片方の止め金具もパイプごと取り付け、ハンガーパイプの取り付けは完了です。

次に押し入れからクローゼットに改装するためのクローゼット用の扉を取り付けていきます。こちらは、もともと襖の引き戸用に掘られている建具の溝に専用の金具を設置してそこに新しいクローゼット用の扉をはめ込むことでクローゼットになってしまうと言う大変手間もかからず簡単に改装できるものとなっています。こちらのクローゼット用の扉は私をしていくうちによく左右の扉の間に隙間が空いてきたり、床にクローゼット用の扉が擦れてしまい、開け閉めがしづらくなってしまうことがよくあるのですが、万が一今後使用していく上でそういった不具合が出ても先ほど建具の溝に取り付けた金具が調整可能な作りになっているのでクローゼットの扉を取り付けたまま微調整をして直すことができます。部屋を改装するときにこういった不具合が出たときのことを想定して簡単に直すことができるものを選ぶと言うのもポイントの1つです。

そして、建具の上下に取り付けた部品にクローゼットの扉をはめ込み設置完了です。ただ、今回設置するクローゼットの扉は建具の溝を使って開け閉めをするので、取り付ける建具の溝によっては長年使用していて溝が痛んでいてささくれが立っていたりする場合があり、そのまま使用していくとクローゼットの部品の痛みの進行が速くなってしまうこともあるので取り付ける前に溝をチェックしていくことも大事です。これは他のものを取り付けるときにも言えることなのですが取り付けたものを長く使用してもらうためには実際に使用していくことを考え、取り付け元の場所のメンテナンスをあらかじめしておくことが大事です。

それぞれが取り付け終わったらハンガーパイプの強度、クローゼットの扉の開け閉めのスムーズさを確認し、微調整を行い作業完了です。

今回コダキさんが使ったものはこちらです。

押し入れクローゼットはこちら

diy,窓枠の劣化した木目のシートをカッティングシートでなおしました。

diy,新設したトイレに新しいドアを取り付けます。

関連記事

  1. diy,フスマの押し入れを折れ戸のクローゼットに改装します。

    2019.10.18
  2. diy アパートの既存分電盤BOXが壊れていました。

    2016.12.27
  3. diy,室内照明のスイッチやコンセントをコスモシリーズへ交換

    2017.11.27
  4. 雨漏り どこが原因?

    2016.08.30
  5. 屋上給水管部分の塗膜防水

    2016.09.30
  6. diy,新しく作った室内の壁に電源コンセントを移動しました。

    2017.01.30
PAGE TOP